JIST6109 : 2001 歯科アマルガム用合金

JIS T 6109:2001の規格概要

この規格 T6109は、銀,すず及び銅からなる歯科アマルガム用合金の品質事項及び試験方法を規定。

JIST6109 規格全文情報

規格番号
JIS T6109 
規格名称
歯科アマルガム用合金
制定年月日
1958/05/02
最新改正日
2001/08/01
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

ISO 1559:1995(MOD)
国際規格分類

ICS

11.060.10
主務大臣
厚生労働
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1958-05-02制定日
  • 1961-05-01確認日
  • 1965-02-01改正日
  • 1968-05-01確認日
  • 1971-05-01確認日
  • 1974-05-21確認日
  • 1978-06-15確認日
  • 1979-01-10改正日
  • 1985-10-22改正日
  • 1991-11-19改正日
  • 1997-12-25確認日
  • 2001-08-01改正日
  • 2009-10-01確認日
  • 2015-10-26確認日

T 6109 : 2001

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する工業標準化法第12条第1項の規定に基づき,日本

歯科材料工業協同組合 (JDMA) から工業標準原案を具して日本産業規格を改正すべきとの申出があり,日

本工業標準調査会の審議を経て,厚生労働大臣が改正した日本産業規格である。これによってJIS T 6109 :

1991は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正では,ISO 1559 : 1995, Dental materials−Alloys for dental amalgamを基礎として用いた。

JIS T 6109には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)JISと対応する国際規格との対比表

[ T6109-2001.pdf Page : 1 / 12 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

T 6109 : 2001

歯科アマルガム用合金

Alloys for dental amalgam

序文 この規格は,ISO 1559 : 1995, Dental materials−Alloys for dental amalgamを元に作成した日本工業規

格であり,定義,表示などについて整合させ改正した。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,原国際規格にはない事項である。

1. 適用範囲 この規格は,主に銀,すず及び銅からなる歯科アマルガム用合金(以下,合金という。)の

品質事項及び試験方法を規定する。合金の形態は,粉末状又は錠剤状であり,若しくは,アマルガムの作

製に適するように,製造業者が合金と歯科用水銀(以下,水銀という。)の適量をカプセルに封入している

ものである。

備考 この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21に基づき,IDT(一致している),MOD

(修正している),NEQ(同等でない)とする。

ISO 1559 : 1995 Dental materials−Alloys for dental amalgam (MOD)

2. 引用規格 次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS R 6253 耐水研磨紙

JIS T 6112 歯科用水銀

JIS Z 8801 試験用ふるい

3. 定義 この規格で用いる主な用語の定義は,次による。

a) 合金 主に銀,すず及び銅からなる微細粒子状の合金で,JIS T 6112に規定される水銀と練和される

とアマルガムとなって硬化するもの。

b) カプセル入り合金及び水銀 製造業者が合金とJIS T 6112に規定される水銀をあらかじめ計量してカ

プセルに封入したもの。

4. 品質

4.1

化学組成

4.1.1

一般 合金の主な成分分量は,表1とする。

なお,不純物の総量は,0.1%以下とする。

[ T6109-2001.pdf Page : 2 / 12 ]ページ TOPへ

2

T 6109 : 2001

表1 化学組成

金属

含有量

%

40以上

すず

32以下

30以下

インジウム

5以下

パラジウム

1以下

白金

1以下

亜鉛

2以下

水銀

3以下

4.1.2

その他の化学成分 その他の化学成分は,4.1.1に規定された以外の成分についても許容される元

素であるならば容認される。ただし,その場合でも銀含有量は,40%以上でなければならない。

4.2

物理的性質 合金の物理的性質は,6.1〜6.4によって試験をしたとき,表2とする。

表2 物理的性質

クリープ

%

寸法変化

%

圧縮強さ

1時間後

MPa

24時間後

MPa

3以下

−0.15〜+0.20

50以上

300以上

4.3

質量

a) 錠剤の質量の変動係数は,6.5によって試験したとき,1.5%以下であり,錠剤の質量の平均値は,製

造業者が示した質量の±2%以内でなければならない。

b) あらかじめ計量された合金と水銀が封入されているカプセルに対して,合金と水銀の質量の変動係数

は,6.5によって試験したとき,それぞれ1.5%以下でなければならない。

c) 合金と水銀の質量の平均値は,両方ともそれぞれ製造業者が記している質量の±2%以内でなければな

らない。

4.4

水銀の減少 製造業者によって適量の合金及び水銀が封入されているカプセルの場合には,アマル

ガム化中における各カプセルの質量減が6.6によって試験したとき,0.5mg以下とする。

4.5

異物 合金の含有する異物は,6.7によって試験したとき,5個以下とする。

5. サンプリング 試験に用いる合金は,ロットごとに少なくとも50gサンプリングできなければならな

い。

6. 試験方法

6.1

試験片の作製

6.1.1

温度 試験片は,すべて23±2℃で作製する。

6.1.2

アマルガム化

a) アマルガム練和物の質量は,充てん(填)後に図1に示された直径をもち,高さ8±1mmの円柱状試

験片を作製するのに十分でなければならない。

なお,必要であれば金型にアマルガム練和物を少量追加して円柱状試験片の高さを調節してもよい。

b) 錠剤又は粉末として供給される合金については,練和される合金の質量,水銀の質量及びその他の練

和に要する附属品が,8.1及び8.2によって製造業者が推奨する事項に適合しなければならない。

[ T6109-2001.pdf Page : 3 / 12 ]ページ TOPへ

3

T 6109 : 2001

c) カプセル入り合金及び水銀については,必要数のカプセルを用いて同時にアマルガム化させ,試験片

を作製しなければならない。アマルガムメータの振動速さ及び練和時間は,8.2によって製造業者が指

定する説明書による。

備考1. 金型に対するプランジャの直径の寸法許容差は,−12〜−25

栰夰謰

2. 金型及びプランジャの試験片に接する面の表面粗さは,6.3

洀洀刀慎

下とする。

図1 アマルガムの試験片作製用装置(組み立てられた装置の図と各部品の寸法)

[ T6109-2001.pdf Page : 4 / 12 ]ページ TOPへ

JIS T 6109:2001の対応国際規格一覧

  • ISO 1559:1995(MOD)

JIS T 6109:2001の国際規格分類一覧

  • 11.060.10

JIS T 6109:2001の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
R6253
耐水研磨紙
T6112
歯科用水銀
Z8801-1
試験用ふるい-第1部:金属製網ふるい
Z8801-2
試験用ふるい-第2部:金属製板ふるい
Z8801-3
試験用ふるい-第3部:電成ふるい