JIST9267 : 2020 福祉用具-歩行補助具-多脚つえ

JIS T 9267:2020の規格概要

この規格 T9267は、歩行を補助する3本以上の分離脚と握部とで構成された多脚つえの安定性,静的強度,耐久性などに関する要求事項及び試験方法について規定。ただし,3本以上の分離脚をもつつえであってもわき(腋)下若しくは前腕で支持するつえ,又は可動部(ユニバーサルジョイントなど)をもつつえには,適用しない。

JIST9267 規格全文情報

規格番号
JIS T9267 
規格名称
福祉用具-歩行補助具-多脚つえ
制定年月日
2020/06/22
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

ISO 11334-4:1999(MOD)
国際規格分類

ICS

11.180
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 2020-06-22制定日

 

T 9267:2020 

 

目 次

ページ

序文 ··································································································································· 1

1 適用範囲························································································································· 1

2 引用規格························································································································· 1

3 用語及び定義 ··················································································································· 1

4 リスクマネジメントによる設計 ··························································································· 5

5 外観,材料及び構造 ·········································································································· 5

5.1 外観 ···························································································································· 5

5.2 材料 ···························································································································· 5

5.3 構造 ···························································································································· 5

6 性能······························································································································· 6

7 試験方法························································································································· 7

7.1 試験条件 ······················································································································ 7

7.2 安定性試験 ··················································································································· 7

7.3 静的強度試験 ················································································································ 9

7.4 分離脚強度及び接合・分離部強度試験··············································································· 10

7.5 耐久性試験 ·················································································································· 11

8 検査······························································································································ 11

9 表示······························································································································ 12

10 取扱説明書 ··················································································································· 12

附属書JA(参考)設計における配慮事項 ················································································· 14

附属書JB(参考)JISと対応国際規格との対比表 ······································································ 16

 

 

[ JIS T9267 : 2020.pdf Page : 1 / 25 ]ページ TOPへ

 

 

 

T 9267:2020 

 

まえがき

この規格は,産業標準化法に基づき,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本

産業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

 

 

[ JIS T9267 : 2020.pdf Page : 2 / 25 ]ページ TOPへ

 

 

 

 

日本産業規格          JIS

 

T 9267:2020

 

福祉用具−歩行補助具−多脚つえ

Assistive products for walking-Walking sticks with three or more legs

序文 

この規格は,1999年に第1版として発行されたISO 11334-4を基とし,試験方法を明確にするために,

技術的内容を変更して作成した日本産業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,附属書JBに示す。

 

1

適用範囲

この規格は,歩行を補助する3本以上の分離脚と握部とで構成された多脚つえの安定性,静的強度,耐

久性などに関する要求事項及び試験方法について規定する。

ただし,3本以上の分離脚をもつつえであってもわき(腋)下若しくは前腕で支持するつえ,又は可動

部(ユニバーサルジョイントなど)をもつつえには,適用しない。

また,要求事項及び試験方法は,体重35 kg以上の使用者用に製造された3本以上の分離脚をもつつえ

の,日々の使用に基づいている。

注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 11334-4:1999,Walking aids manipulated by one arm−Requirements and test methods−Part 4:

Walking sticks with three or more legs(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”

ことを示す。

 

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。この引用

規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS T 0102 福祉関連機器用語[支援機器部門]

注記 対応国際規格:ISO 9999,Assistive products for persons with disability−Classification and

terminology(MOD)

 

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS T 0102によるほか,次による(図1〜図5参照)。

3.1

多脚つえ(walking stick with three or more legs)

3本以上の分離脚及び一つの握部があり,わき(腋)下又は前腕による支持部のないつえ。また,可動

[ JIS T9267 : 2020.pdf Page : 3 / 25 ]ページ TOPへ

 

 

2

T 9267:2020 

 

部(ユニバーサルジョイントなど)をもつつえは含まない。

3.2

ハンドグリップ(handgrip)

つえを使用する際に通常手で握る部分。

3.3

アナトミックハンドグリップ(anatomic handgrip)

手の形状に合わせて握りやすく作られたハンドグリップ。

3.4

ハンドグリップ長さ(handgrip length)

手を置くハンドグリップの長軸方向に測った長さ(図4の記号1参照)。

注記 ハンドグリップの先端及び後端の位置が明確でない場合は,使用者の体重を支えるハンドグリ

ップ全体の長さがハンドグリップ長さとなる。

3.5

ハンドグリップ幅(handgrip width)

手を置くハンドグリップの最も太い部分の水平方向に測った長さ(図4の記号2参照)。

3.6

ハンドル(handle)

ハンドグリップが付いている部分。

3.7

脚端部(tip)

つえの脚が地面と接触する部分に取り付けたゴム製等の部品(図2の記号10参照)。

3.8

つえ高さ(walking-stick height)

ハンドグリップの最上点から脚端部の接地点までの垂直距離(図5の記号4参照)。

3.9

つえ奥行き(walking-stick depth)

歩行方向に水平に測った最大外径寸法(図5の記号3参照)。

3.10

つえ幅(walking-stick width)

歩行方向に直角に測った最大外径寸法(図5の記号2参照)。

3.11

固定装置(locking device)

つえ高さなどの調節機構をロックする部分。

3.12

最大使用者体重(maximum user weight)

製造業者が設定する,つえ使用対象者の許容最大体重。

3.13

シャフト(shaft)

つえの支柱部。上部のシャフトと下部の長さ調節部分とに分かれたものもある。

[ JIS T9267 : 2020.pdf Page : 4 / 25 ]ページ TOPへ

 

 

JIS T 9267:2020の対応国際規格一覧

  • ISO 11334-4:1999(MOD)

JIS T 9267:2020の国際規格分類一覧

  • 11.180

JIS T 9267:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
T0102
福祉関連機器用語[支援機器部門]