JISA1101 : 2020 コンクリートのスランプ試験方法

JIS A 1101:2020の規格概要

この規格 A1101は、コンクリートのスランプ試験方法について規定。ただし、粗骨材の最大寸法が40 mmを超えるコンクリートの場合には、40 mmを超える粗骨材を除去する。

JISA1101 規格全文情報

規格番号
JIS A1101 
規格名称
コンクリートのスランプ試験方法
制定年月日
1950/06/05
最新改正日
2020/10/26
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

ISO 1920-2:2016(MOD)
国際規格分類

ICS

91.100.30
主務大臣
国土交通
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1950-06-05制定日
  • 1953-06-05確認日
  • 1956-06-05確認日
  • 1959-06-05確認日
  • 1962-08-21確認日
  • 1966-05-17確認日
  • 1973-03-01確認日
  • 1975-01-16改正日
  • 1978-02-28確認日
  • 1983-07-01確認日
  • 1989-04-01確認日
  • 1995-03-01確認日
  • 1998-07-06改正日
  • 2005-05-19改正日
  • 2011-12-02確認日
  • 2014-02-25改正日
  • 2018-10-25確認日
  • 2020-10-26改正日

A 1101:2020

目 次

ページ

序文 [ p.1 ]

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.1 ]

4 試験器? [ p.2 ]

5 試料 [ p.2 ]

6 試験方法 [ p.2 ]

7 結果 [ p.3 ]

8 報告 [ p.3 ]

附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表 [ p.4 ]

附属書JB(参考)技術上重要な改正に関する新旧対照表 [ p.7 ]

[ JIS A1101 : 2020.pdf Page : 1 / 11 ]ページ TOPへ

A 1101:2020

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第12条第1項の規定に基づき,公益社団法人

日本コンクリート工学会(JCI)から,産業標準原案を添えて日本産業規格を改正すべきとの申出があ

り,日本産業標準調査会の審議を経て,国土交通大臣が改正した日本産業規格である。これによって,

JIS A 1101:2014は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。国土交通大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS A1101 : 2020.pdf Page : 2 / 11 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

A 1101:2020

コンクリートのスランプ試験方法

Method of test for slump of concrete

序文

この規格は,2016年に第2版として発行されたISO 1920-2を基とし,技術的内容を変更して作成した

日本産業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。技術的差

異の一覧表にその説明を付けて,附属書JAに示す。また,技術上重要な改正に関する新旧対照表を,附

属書JBに示す。

1

適用範囲

この規格は,コンクリートのスランプ試験方法について規定する。ただし,粗骨材の最大寸法が40 mm

を超えるコンクリートの場合には,40 mmを超える粗骨材を除去する。

注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 1920-2:2016,Testing of concrete−Part 2: Properties of fresh concrete(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”こと

を示す。

2

引用規格

次に掲げる引用規格は,この規格に引用されることによって,その一部又は全部がこの規格の要求事項

を構成している。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS A 0203 コンクリート用語

JIS A 1115 フレッシュコンクリートの試料採取方法

注記 対応国際規格における引用規格:ISO 1920-1:2004,Testing of concrete−Part 1: Sampling of fresh

concrete

JIS A 1138 試験室におけるコンクリートの作り方

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS A 0203による。

[ JIS A1101 : 2020.pdf Page : 3 / 11 ]ページ TOPへ

2

A 1101:2020

4

試験器具

4.1

スランプコーン スランプコーンは,セメントペーストに容易に侵されず,試験時に変形しない金

属製とする。スランプコーンの寸法は,図1のように上端内径100 mm,下端内径200 mm,高さ300 mm

及び厚さ5 mm以上とし,適切な位置に押さえ及び取っ手を付ける。取っ手は,高さの約2/3の位置に取

り付ける。

単位 mm

図1−スランプコーンの例

4.2

突き棒 突き棒は,直径16 mm,長さ500 mm〜600 mmの鋼などの金属製丸棒で,その先端を半球

状とする。

4.3

平板 平板は,十分な水密性及び剛性をもつ鋼などの金属製とし,表面が平滑なもの。その大きさ

は,スランプ試験ができる余裕をもった寸法とする。取っ手を付ける場合には,スランプの測定の障害に

ならない位置に取り付ける。

5

試料

試料は,JIS A 1115の規定によって採取するか,又はJIS A 1138の規定によって作る。

6

試験方法

試験は,次による。

[ JIS A1101 : 2020.pdf Page : 4 / 11 ]ページ TOPへ

JIS A 1101:2020の対応国際規格一覧

  • ISO 1920-2:2016(MOD)

JIS A 1101:2020の国際規格分類一覧

  • 91.100.30

JIS A 1101:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
A0203
コンクリート用語
A1115
フレッシュコンクリートの試料採取方法
A1138
試験室におけるコンクリートの作り方