JISA8961 : 2014 先行形手すり

JIS A 8961:2014の規格概要

この規格 A8961は、作業床高さ2m以上の足場及び支保工として使用される足場などに用いる先行形手すりについて規定。

JISA8961 規格全文情報

規格番号
JIS A8961 
規格名称
先行形手すり
制定年月日
2006/04/20
最新改正日
2014/07/22
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

91.220
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 2006-04-20制定日
  • 2010-10-01確認日
  • 2014-07-22改正日
  • 2019-10-21確認日

A 8961:2014

目 次

ページ

1 適用範囲 P.1

2 各部の名称 P.1

3 種類 P.2

4 先行形手すりを用いた足場の構成例 P.3

5 構造 P.3

6 強度 P.4

7 試験方法 P.4

8 検査 P.13

9 表示 P.13

9.1 製品本体への表示 P.13

9.2 種類の識別 P.14

10 取扱説明書 P.14

附属書A(参考)技術上重要な改正に関する新旧対照表 P.15

[ JIS A8961 : 2014.pdf Page : 1 / 18 ]ページ TOPへ

A 8961:2014

まえがき

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,全国仮設安全事業

協同組合(ACCESS)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本産業規格を

改正すべきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本産業規格で

ある。

これによって,JIS A 8961:2006は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS A8961 : 2014.pdf Page : 2 / 18 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

A 8961:2014

先行形手すり

Advanced and secured handrail

1

適用範囲

この規格は,作業床高さ2 m以上の足場及び支保工として使用される足場などに用いる先行形手すりに

ついて規定する。

注記 先行形手すりは,作業者の足場からの墜落・転落・転倒防止のため,常に手すりがある状態で

作業ができることを目的としたもので,足場の組立て作業時に作業者が作業床に乗る前に先行

して設置でき,また,最上層の足場の解体作業時において使用する機材であって,足場を使用

した作業時にも用いられる。

2

各部の名称

先行形手すりを構成する各部の名称及びその役割を,表1に示す。また,先行形手すりには桁側用及び

妻側用があり,その一例を図1に示す。

表1−各部の名称及びその役割

名称

役割

図1の表示番号

上さん

先行形手すりの最上部にある手すりであって,作業者のバランス

をとるための手掛り及び墜落・転落・転倒防止機材となり,安全

帯の取付部ともなるもの。

中さん

先行形手すりの上さんと作業床との中間に設けるさんで,作業床

と上さんとの間からの墜落・転落を防止するための機材で,安全

帯の取付部とならないもの。

支柱

上さんと中さんとを支持するもの。

固定部

先行形手すりを,足場に固定する箇所及び固定金具などをいう。

[ JIS A8961 : 2014.pdf Page : 3 / 18 ]ページ TOPへ

2

A 8961:2014

a) 桁側先行形手すりの例

(つま先板一体形)

b) 妻側先行形手すりの例

(つま先板一体形)

c) 桁側先行形手すりの例

(つま先板分離形)

図1−先行形手すりの例

3

種類

先行形手すりの種類は,S種及び第1種とし,表2による。

表2−先行形手すりの種類

種類

摘要

識別

表示

S種

先行形手すりとしての性能a)をもち,かつ,桁側[前踏側及び後踏(背面)側]並びに妻

側の全方位への墜落を阻止するための安全帯取付設備としての性能b)をもつもの。

第1種

先行形手すりとしての性能a)をもち,かつ,前踏側及び妻側への墜落を阻止するための安

全帯取付設備としての性能b)をもつもの。ただし,後踏側への墜落を阻止するための安全

帯取付設備としての性能はもたない。

注a) 先行形手すりとしての性能とは,表3のa)の強度を満たすものとする。

b) 安全帯取付設備としての性能とは,表3のb)の強度を満たすものをいい,その安全帯の取付部は,上さ

んとする。

[ JIS A8961 : 2014.pdf Page : 4 / 18 ]ページ TOPへ

JIS A 8961:2014の国際規格分類一覧

  • 91.220