JISF7201 : 2020 船用こし器-使用基準

JIS F 7201:2020の規格概要

この規格 F7201は、船舶の油、水、蒸気などの管系に用いるこし器の使用基準について規定。

JISF7201 規格全文情報

規格番号
JIS F7201 
規格名称
船用こし器-使用基準
制定年月日
1982/09/01
最新改正日
2020/09/23
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

47.020.30
主務大臣
国土交通
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1982-09-01制定日
  • 1988-01-05確認日
  • 1989-06-15改正日
  • 1994-04-01改正日
  • 1996-12-25改正日
  • 2002-05-07確認日
  • 2007-09-18確認日
  • 2012-10-31確認日
  • 2017-11-20確認日
  • 2020-09-23改正日

F 7201:2020

目 次

ページ

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 使用基準 [ p.1 ]

4 こし器の機能別形状及び使用方法 [ p.1 ]

4.1 単式こし器 [ p.1 ]

4.2 複式油こし器 [ p.2 ]

4.3 Y形こし器 [ p.2 ]

4.4 マッドボックス [ p.2 ]

4.5 ローズボックス [ p.2 ]

5 こし器の系統別適用方法 [ p.2 ]

5.1 油管系 [ p.2 ]

5.2 水管系 [ p.3 ]

5.3 貨物油管系 [ p.3 ]

5.4 蒸気及び空気管系 [ p.3 ]

5.5 JIS船舶部門のこし器関係規格制定範囲 [ p.4 ]

[ JIS F7201 : 2020.pdf Page : 1 / 9 ]ページ TOPへ

F 7201:2020

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第12条第1項の規定に基づき,一般財団法人

日本船舶技術研究協会(JSTRA)から,産業標準原案を添えて日本産業規格を改正すべきとの申出があり,

日本産業標準調査会の審議を経て,国土交通大臣が改正した日本産業規格である。これによって,JIS F

7201:1996は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。国土交通大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS F7201 : 2020.pdf Page : 2 / 9 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

F 7201:2020

船用こし器−使用基準

Shipbuilding-Application of strainers

1

適用範囲

この規格は,船舶の油,水,蒸気などの管系に用いるこし器(以下,こし器という。)の使用基準につい

て規定する。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS B 2401-1 Oリング−第1部:Oリング

JIS B 2401-2 Oリング−第2部:ハウジングの形状・寸法

JIS B 2401-3 Oリング−第3部:外観品質基準

JIS F 7121 船用筒形水こし

JIS F 7202 船用複式油こし

JIS F 7203 造船−機械室及び軸室ビルジ用マッドボックス設計の一般特性

JIS F 7206 造船−ローズボックス

JIS F 7207 船用油こしの金網の使用基準

JIS F 7208 船用H形油こし

JIS F 7209 船用単式油こし

JIS F 7220 船用鋳鉄Y形こし

JIS F 7225 船用鋼板製単式油こし

3

使用基準

こし器の管系統別の使用基準は,次による。

a) 油管系は,表1による。

b) 水及び貨物油管系は,表2による。

c) 蒸気及び空気管系は,表3による。

4

こし器の機能別形状及び使用方法

4.1

単式こし器

主として,水,油などのポンプの吸入側に使用する。こし器本体の種類は,S形,LA形及びLB形とし,

S形は配管直線部に,LA形及びLB形は配管曲がり部に使用する。また,水こし器については,更にLC

形及びLD形の配管曲がり部に使用する。

[ JIS F7201 : 2020.pdf Page : 3 / 9 ]ページ TOPへ

2

F 7201:2020

こし筒の形状は,かご形で,主として水関係に使用するものは多孔鋼板製のこし筒,油関係に使用する

ものは多孔鋼板製こし筒に金網を張り,磁石を装備できるようにする。

4.2

複式油こし器

主として,油ポンプの吐出し側に使用する。こし筒は掃除する場合,運転中の機器を停止することなく,

切換え使用が容易に行えるよう本体に切換え用コック又はバルブを組み込んだ一体形とする。こし器本体

の種類はH形及びU形とし,H形は配管直線部に,U形は直線配管が困難な箇所に使用する。

こし筒の形状は,多孔鋼板製のかご形とし,これに金網を張り,磁石を装備できるようにする。

4.3

Y形こし器

主として,蒸気,空気などの管系に使用する。こし筒は筒形で,金網製又は小径の多孔鋼板製とする。

こし筒の取出しは,こし器の底部から行う。

4.4

マッドボックス

ビルジだめのビルジ吸引配管に使用する。本体の種類は,S形及びL形とし,S形はビルジ主管系用に,

L形はストレートテイルパイプに使用する。

こし板は2枚の多孔鋼板製とし,V形に組み込んで使用する。

4.5

ローズボックス

船倉,ボイドスペースなどのビルジ吸引管端部に使用する。

形状は多孔鋼板製の角形で,組立てピンを外すことによって二つ割りに分解できる構造とし,容易に掃

除ができるものとする。

5

こし器の系統別適用方法

5.1

油管系

油管系に適用する場合は,次による。

a) こし器の金網の網目は,JIS F 7207による。

b) 正味通過面積比は,金網のメッシュとこし筒の通過面積比との関係を考慮して,こし器ごとに決定す

る。

c) JIS船舶部門に規定されている“油こし器”に適用する金網のメッシュは,最大250メッシュ程度で

あり,150〜250メッシュの金網を使用する場合は,メッシュの数値に応じて金網の強度,通過面積比

などを考慮して,こし器本体及びこし筒は,1段階以上大きい呼び径のものを選定することが望まし

い。

d) 本体用蓋に使用するOリングは,JIS B 2401-1,JIS B 2401-2及びJIS B 2401-3の規定による。ただし,

流体温度80 ℃を超えて使用する場合は,JIS B 2401-1,JIS B 2401-2及びJIS B 2401-3のFKM-70(4

種D)にすることが望ましい。

e) 磁石は,配管内に残存する鉄粉などによる機器のしゅう動回転又は運動部の損傷防止を目的として,

こし器に取り付けることが望ましい。

f)

高メッシュ(250メッシュ以上又は50 μm以下)の油こし器の使用は,次による。

1) こし器の目詰まりの目安 油こし器(単式及び複式)の目詰まりは,こし筒,こし網の構造を考慮

して,こし器出入口の差圧が0.05 MPa〜0.07 MPaを目安に,使用者は清掃又はクリーンのこし筒に

交換することが望ましい。

2) 差圧計又は高差圧警報装置の設置 機器のしゅう動回転又は運動部への潤滑油,燃料油管系に装備

され,特に重要と考えられる油こし器(主潤滑油2次,クロスヘッド潤滑油2次,カム軸潤滑油2

[ JIS F7201 : 2020.pdf Page : 4 / 9 ]ページ TOPへ

JIS F 7201:2020の国際規格分類一覧

  • 47.020.30

JIS F 7201:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
B2401-1
Oリング-第1部:Oリング
B2401-2
Oリング-第2部:ハウジングの形状・寸法
B2401-3
Oリング-第3部:外観品質基準
F7121
船用筒形水こし
F7202
船用複式油こし
F7203
造船-機械室及び軸室ビルジ用マッドボックス設計の一般特性
F7206
造船-ローズボックス
F7207
船用油こしの金網の使用基準
F7208
船用H形油こし
F7209
船用単式油こし
F7220
船用鋳鉄Y形こし
F7225
船用鋼板製単式油こし