JISA8337 : 2009 土工機械-運用及び保全-保全性の指針

JIS A 8337:2009の規格概要

この規格 A8337は、JIS A 8308に規定する土工機械の保全及びサービス作業の安全性,効率性,信頼性及び容易さを促進する要点の設計への織り込みについて指針を示す。

JISA8337 規格全文情報

規格番号
JIS A8337 
規格名称
土工機械-運用及び保全-保全性の指針
制定年月日
2009/04/20
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

ISO 12510:2004(IDT)
国際規格分類

ICS

53.100
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
土木II:2019
改訂:履歴
  • 2009-04-20制定日
  • 2015-10-20確認日

A 8337:2009 (ISO 12510:2004)

目 次

ページ

序文 P.1

1 適用範囲 P.1

2 引用規格 P.1

3 用語及び定義 P.2

4 通則 P.2

5 配置 P.2

5.1 構成部品 P.2

5.2 点検及び補給箇所 P.3

6 整備員の乗降,移動用設備 P.4

7 接近用開口部 P.4

7.1 位置 P.4

7.2 寸法及び形状 P.4

8 カバー P.4

9 工具 P.5

10 サービス診断用計測器具 P.5

11 表示 P.5

11.1 一般 P.5

11.2 構成部品の識別 P.5

11.3 指示 P.5

11.4 警告 P.5

11.5 保全のための情報 P.5

12 附属文書 P.5

12.1 一般 P.5

12.2 取扱説明書 P.6

12.3 整備解説書 P.6

12.4 予備部品リスト P.6

12.5 文書の保管 P.6

附属書A(参考)保全性マトリックス P.7

[ JIS A8337 : 2009.pdf Page : 1 / 12 ]ページ TOPへ

A 8337:2009 (ISO 12510:2004)

まえがき

この規格は,工業標準化法第12条第1項の規定に基づき,社団法人日本建設機械化協会(JCMA)及び財

団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本産業規格を制定すべきとの申出があり,日本工

業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本産業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

[ JIS A8337 : 2009.pdf Page : 2 / 12 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

A 8337:2009

(ISO 12510:2004)

土工機械−運用及び保全−保全性の指針

Earth-moving machinery−Operation and maintenance−Maintainability guidelines

序文

この規格は,2004年に第1版として発行されたISO 12510を基に,技術的内容及び対応国際規格の構成

を変更することなく作成した日本産業規格である。

1

適用範囲

この規格は,JIS A 8308に規定する土工機械の保全及びサービス作業の安全性,効率性,信頼性及び容

易さを促進する要点の設計への織り込みについて指針を示す。

注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 12510:2004,Earth-moving machinery−Operation and maintenance−Maintainability guidelines

(IDT)

なお,対応の程度を表す記号(IDT)は,ISO/IEC Guide 21に基づき,一致していることを示す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS A 8110 土工機械−サービス診断用計測器具

注記 対応国際規格:ISO 6012,Earth-moving machinery−Service instrumentation (IDT)

JIS A 8301 土工機械−整備用開口部最小寸法

注記 対応国際規格:ISO 2860,Earth-moving machinery−Minimum access dimensions (IDT)

JIS A 8302 土工機械−運転員・整備員の乗降,移動用設備

注記 対応国際規格:ISO 2867,Earth-moving machinery−Access systems (IDT)

JIS A 8308 土工機械−基本機種−用語

注記 対応国際規格:ISO 6165,Earth-moving machinery−Basic types−Vocabulary (IDT)

JIS A 8310-1 土工機械−操縦装置及び表示用識別記号−第1部:共通識別記号

注記 対応国際規格:ISO 6405-1,Earth-moving machinery−Symbols for operator controls and other

displays−Part 1: Common symbols (IDT)

JIS A 8310-2 土工機械−操縦装置及び表示用識別記号−第2部:特定機種,作業装置及び附属品識別

記号

注記 対応国際規格:ISO 6405-2,Earth-moving machinery−Symbols for operator controls and other

displays−Part 2: Specific symbols for machines, equipment and accessories (MOD)

[ JIS A8337 : 2009.pdf Page : 3 / 12 ]ページ TOPへ

2

A 8337:2009 (ISO 12510:2004)

JIS A 8312 土工機械−安全標識及び危険表示図記号−通則

注記 対応国際規格:ISO 9244,Earth-moving machinery−Safety signs and hazard pictorials−General

principles (IDT)

JIS A 8324 土工機械−電線及びケーブル−識別の原則

注記 対応国際規格:ISO 9247,Earth-moving machinery−Electrical wires and cables−Principles of

identification and marking (IDT)

JIS A 8334 土工機械−取扱説明書−内容及び様式

注記 対応国際規格:ISO 6750,Earth-moving machinery−Operatorʼs manual−Content and format (IDT)

JIS A 8905 建設機械用搭載工具の種類及び寸法

注記 対応国際規格:ISO 4510-1,Earth-moving machinery−Service tools−Part 1: Common

maintenance and adjustment tools (MOD)

JIS A 8913 土工機械−排油,給油及び点検用プラグ

注記 対応国際規格:ISO 6302,Earth-moving machinery−Drain, fill and level plugs (MOD)

JIS B 1575 グリースニップル

注記 対応国際規格:ISO 6392-1,Earth-moving machinery−Lubrication fittings−Part 1: Nipple type

(MOD)

ISO 8925,Earth-moving machinery−Diagnostic ports

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

3.1

点検箇所 (test points)

通常運転及び故障診断のためのアクセス箇所。

3.2

補給箇所 (service points)

潤滑,給油,排出又は類似の補給作業のためのアクセス箇所。

4

通則

機械は,可能な限り原動機を停止した状態で日常の保全作業が安全に実施できるよう設計・製作するの

がよい。検査又は保全が原動機を運転した状態でだけ可能な場合は,可動部分又は高温部分への接触の潜

在危険を最小限とするよう配置するのがよい。

附属書Aに,各種構成部品に関する様々な観点からの保全性マトリックスの例を示す。

5

配置

5.1

構成部品

5.1.1

例えば,油量及び計器の目視検査を必要とする場合,点検箇所は,パネル,その他の構成部品を取

り外さずに見ることができるように配置するのがよい。

5.1.2

日常の補給を必要とする構成部品は,高温となる可能性のある機械の部分から離して配置するのが

よい。

[ JIS A8337 : 2009.pdf Page : 4 / 12 ]ページ TOPへ

JIS A 8337:2009の対応国際規格一覧

  • ISO 12510:2004(IDT)

JIS A 8337:2009の引用国際規格一覧

  • ISO 8925

JIS A 8337:2009の国際規格分類一覧

  • 53.100

JIS A 8337:2009の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
A8110
土工機械-サービス診断用計測器具
A8301
土工機械-整備用開口部最小寸法
A8302
土工機械-運転員及び整備員の乗降用・移動用設備
A8308
土工機械-基本機種-用語
A8310-1
土工機械-操縦装置及び表示用図記号-第1部:共通図記号
A8310-2
土工機械-操縦装置及び表示用図記号-第2部:特定機種,作業装置及び附属品図記号
A8312
土工機械-安全標識及び危険表示図記号-通則
A8324
土工機械-電線及びケーブル-識別の原則
A8334
土工機械-取扱説明書-内容及び様式
A8905
建設機械用搭載工具の種類及び寸法
A8913
土工機械-排油,給油及び点検用プラグ
B1575
グリースニップル