JISD5306 : 2021 アイドリングストップ車用鉛蓄電池

JIS D 5306:2021の規格概要

この規格 D5306は、アイドリングストップ車の内燃機関の始動、点灯、点火などに使用する公称電圧が12 Vの鉛蓄電池について規定。

JISD5306 規格全文情報

規格番号
JIS D5306 
規格名称
アイドリングストップ車用鉛蓄電池
制定年月日
2021/01/20
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

IEC 60095-6:2019(MOD)
国際規格分類

ICS

29.220.20
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 2021-01-20制定日

D 5306:2021

目 次

ページ

序文 [ p.1 ]

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.1 ]

4 種類 [ p.4 ]

5 表示 [ p.4 ]

6 製品の呼び方 [ p.6 ]

7 出荷条件 [ p.6 ]

8 性能及び寸法 [ p.6 ]

9 試験条件 [ p.7 ]

9.1 試験用蓄電池の抜取り [ p.7 ]

9.2 充電 [ p.7 ]

9.3 電解液面 [ p.7 ]

9.4 試験計器 [ p.7 ]

9.5 試験の順序 [ p.7 ]

10 試験方法 [ p.8 ]

10.1 20時間率容量試験 [ p.8 ]

10.2 リザーブキャパシティ試験 [ p.8 ]

10.3 コールドクランキング電流試験 [ p.8 ]

10.4 充電受入性試験 [ p.8 ]

10.5 回生充電受入性試験 [ p.8 ]

10.6 寿命試験 [ p.9 ]

10.7 耐振動性試験 [ p.11 ]

10.8 端子強度試験 [ p.11 ]

10.9 締付強度試験 [ p.11 ]

10.10 電解液保持試験 [ p.12 ]

10.11 容量保存性能試験(参考) [ p.12 ]

10.12 減液試験(参考) [ p.12 ]

11 検査 [ p.12 ]

附属書JA(規定)構造 [ p.13 ]

附属書JB(規定)型式一覧表 [ p.15 ]

附属書JC(参考)その他の試験方法 [ p.16 ]

附属書JD(参考)JISと対応国際規格との対比表 [ p.18 ]

[ JIS D5306 : 2021.pdf Page : 1 / 25 ]ページ TOPへ

D 5306:2021

まえがき

この規格は,産業標準化法第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人電池工業会(BAJ)及び一般財

団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原案を添えて日本産業規格を制定すべきとの申出があり,日

本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本産業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS D5306 : 2021.pdf Page : 2 / 25 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

D 5306:2021

アイドリングストップ車用鉛蓄電池

Lead-acid batteries for vehicles with stop and start system

序文

この規格は,2019年に第1版として発行されたIEC 60095-6を基とし,国内市場に広く流通している,

アイドリングストップシステムを備えた自動車(以下,アイドリングストップ車という。)に適合させるた

め技術的内容を変更して作成した日本産業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,附属書JDに示す。また,附属書JA〜附属書JCは対応国際規格には

ない事項である。

1

適用範囲

この規格は,アイドリングストップ車の内燃機関の始動,点灯,点火などに使用する公称電圧が12 Vの

鉛蓄電池(以下,蓄電池という。)について規定する。ただし,VRLA電池(制御弁式鉛蓄電池)には適用

しない。

注記1 この規格で規定する自動車とは,JIS D 0101に規定する乗用車などのことを指し,宅配車,

タクシー,バスなどの業務用途を目的とした商用車は含まない。

注記2 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 60095-6:2019,Lead-acid starter batteries−Part 6: Batteries for micro-cycle applications(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”

ことを示す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格のうちで,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。)

は適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS B 7414 ガラス製温度計

JIS B 7507 ノギス

JIS B 7525-1 浮ひょう−第1部:密度浮ひょう

JIS C 1102-2 直動式指示電気計器 第2部:電流計及び電圧計に対する要求事項

JIS D 5301:2019 始動用鉛蓄電池

JIS K 6999 プラスチック−プラスチック製品の識別及び表示

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

[ JIS D5306 : 2021.pdf Page : 3 / 25 ]ページ TOPへ

2

D 5306:2021

3.1

満充電

蓄電池が十分に充電された状態。

注記 9.2によって充電された状態をいう。

3.2

公称電圧(nominal voltage)

蓄電池電圧の表示に使用する電圧。

注記 一般に満充電時の起電力より若干低い値をとる。鉛蓄電池では単電池当たり2 Vである。

3.3

定格リザーブキャパシティ,RCn(nominal reserve capacity)

満充電した蓄電池が25 ℃のとき,25 Aの電流で放電終止電圧10.5 Vまで連続放電可能な持続時間(分

で表す。)。

3.4

有効リザーブキャパシティ,RCe(effective reserve capacity)

満充電した蓄電池を25 ℃±2 ℃に保ち,25 A±0.25 Aの電流で10.50 V±0.05 Vまで実際に連続放電した

場合の持続時間(分で表す。)。

注記 得られた分表示の放電時間は,RCnを確認するために使用される。

3.5

定格20時間率容量,C20,n

満充電した蓄電池が25 ℃のとき,20時間率電流で放電終止電圧10.5 Vまで供給可能な電気量。

3.6

有効20時間率容量,C20,e

満充電した蓄電池を25 ℃±2 ℃に保ち,20時間率電流で10.50 V±0.05 Vまで実際に連続放電できる時

間と20時間率電流との積。

注記 得られた電気量は,C20,nを確認するために使用される。

3.7

20時間率電流,I20

蓄電池の充電電流・放電電流の大きさを表すもので,定格20時間率容量を20で除した値の電流(A)。

3.8

定格コールドクランキング電流,Icc(nominal cold cranking ampere)

蓄電池のエンジン始動性能を表す尺度で,−18 ℃の温度で放電させたとき,放電開始から30秒目の電

圧が7.2 V以上となるように定められた放電電流。

3.9

放電終止電圧

放電を打ち切るときの蓄電池の端子電圧。

3.10

充電受入性(charge acceptance)

放電した蓄電池の充電しやすさを示す特性。規定の条件で測定する充電電流を指標とする。

3.11

回生充電受入性(regenerative charge acceptance)

[ JIS D5306 : 2021.pdf Page : 4 / 25 ]ページ TOPへ

JIS D 5306:2021の対応国際規格一覧

  • IEC 60095-6:2019(MOD)

JIS D 5306:2021の国際規格分類一覧

  • 29.220.20

JIS D 5306:2021の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
B7414
ガラス製温度計
B7507
ノギス
B7525-1
浮ひょう−第1部:密度浮ひょう
C1102-2
直動式指示電気計器 第2部:電流計及び電圧計に対する要求事項
D5301:2019
始動用鉛蓄電池
K6999
プラスチック−プラスチック製品の識別及び表示