JISA8920 : 2009 土工機械-落下物保護構造-台上試験及び性能要求事項

JIS A 8920:2009の規格概要

この規格 A8920は、JIS A 8308に規定する搭乗式の土工機械に使用することを意図する落下物保護構造の構造特性を調べるための台上試験,及び代表試験における性能要求事項について規定。

JISA8920 規格全文情報

規格番号
JIS A8920 
規格名称
土工機械-落下物保護構造-台上試験及び性能要求事項
制定年月日
1990/09/01
最新改正日
2009/03/20
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

ISO 3449:2005(IDT)
国際規格分類

ICS

53.100
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
土木II:2019
改訂:履歴
  • 1990-09-01制定日
  • 1995-01-01改正日
  • 2001-08-20確認日
  • 2006-11-20確認日
  • 2009-03-20改正日
  • 2013-10-21確認日
  • 2018-10-22確認日

A 8920:2009 (ISO 3449:2005)

目 次

ページ

序文 P.1

1 適用範囲 P.1

2 引用規格 P.1

3 用語及び定義 P.2

4 通則 P.3

5 台上試験 P.4

5.1 試験設備 P.4

5.2 試験条件 P.5

5.3 試験手順 P.6

6 性能要求事項 P.8

6.1 FOPS P.8

6.2 一体形FOPS/ROPS P.8

6.3 材料基準 P.8

7 表示 P.9

8 試験結果の報告 P.10

附属書A(規定)試験報告書の様式 P.11

[ JIS A8920 : 2009.pdf Page : 1 / 14 ]ページ TOPへ

A 8920:2009 (ISO 3449:2005)

まえがき

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,社団法人日本建設

機械化協会(JCMA)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本産業規格を改正すべ

きとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本産業規格である。

これによって,JIS A 8920:1995は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

[ JIS A8920 : 2009.pdf Page : 2 / 14 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

A 8920:2009

(ISO 3449:2005)

土工機械−落下物保護構造−台上試験及び性能要求事項

Earth-moving machinery-Falling-object protective structures-Laboratory tests and performance requirements

序文

この規格は,2005年に第5版として発行されたISO 3449を基に,技術的内容及び対応国際規格の構成

を変更することなく作成した日本産業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

1

適用範囲

この規格は,JIS A 8308に規定する搭乗式の土工機械に使用することを意図する落下物保護構造(以下,

FOPSという。)の構造特性を調べるための台上試験,及び代表試験における性能要求事項について規定す

る。これは,機械の一部として供給されるFOPS及び機械の附属品として供給されるFOPSの双方に適用

する。ランドフィルコンパクタ,ショベル系掘削機,ローラ,トレンチャ,パイプレーヤ,アタッチメン

ト操作用の追加座席(例えば,アタッチメントとしてのバックホウ)及び出力15 kW未満の機械にFOPS

を適用することは,意図していない。

注記1 この規格は,転倒時保護構造又は落下物保護構造についての製造業者のための指針を与える

ため,これらの土工機械又は他の機械の特殊仕様機にこのような保護装置が必要な場合に適

用できる。

注記2 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 3449:2005,Earth-moving machinery−Falling-object protective structures−Laboratory tests and

performance requirements (IDT)

なお,対応の程度を表す記号(IDT)は,ISO/IEC Guide 21に基づき,一致していることを示

す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS A 8308 土工機械−基本機種−用語

注記 対応国際規格:ISO 6165,Earth-moving machinery−Basic types−Vocabulary (IDT)

JIS A 8910 土工機械−転倒時保護構造−試験及び性能要求事項

注記 対応国際規格:ISO 3164,Earth-moving machinery−Laboratory evaluations of protective structures

−Specifications for deflection-limiting volume及びISO 3471,Earth-moving machinery−Roll-over

[ JIS A8920 : 2009.pdf Page : 3 / 14 ]ページ TOPへ

2

A 8920:2009 (ISO 3449:2005)

protective structures−Laboratory tests and performance requirements(全体評価:MOD)

JIS B 1051 炭素鋼及び合金鋼製締結用部品の機械的性質−第1部:ボルト,ねじ及び植込みボルト

注記 対応国際規格:ISO 898-1,Mechanical properties of fasteners made of carbon steel and alloy steel

−Part 1: Bolts, screws and studs (IDT)

JIS B 1052 鋼製ナットの機械的性質

注記 対応国際規格:ISO 898-2,Mechanical properties of fasteners−Part 2: Nuts with specified proof

load values−Coarse thread及びISO 898-6,Mechanical properties of fasteners−Part 6: Nuts with

specified proof load values−Fine pitch thread(全体評価:MOD)

JIS Z 2242 金属材料のシャルピー衝撃試験方法

注記 対応国際規格:ISO 148-1,Metallic materials−Charpy pendulum impact test−Part 1: Test method

(MOD)

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

3.1

落下物保護構造,FOPS(falling-object protective structure)

頭上への落下物(木,岩石,小さいコンクリートブロック,手工具など)に対し,適切に運転員を保護

するように取り付けた構造。

3.2

転倒時保護構造,ROPS(roll-over protective structure)

機械が転倒した場合,シートベルトを着けた運転員が押しつぶされる可能性を減らすことを第一の目的

とする構造。

注記 構造物の要素は,ROPSを機械フレームに取り付けるためのサブフレーム,ブラケット,取付

具,ソケット,ボルト,ピン,サスペンション又は可とう(撓)性ショックアブソーバを含む

が,機械フレームと一体構造の取付座は含まない。

3.3

たわみ限界領域,DLV(deflection-limiting volume)

通常の服装でヘルメットを装着した着席男子大柄運転員の近似的箱形形状。

注記 JIS A 8910の附属書1(土工機械−保護構造の室内評価試験−たわみ限界領域の仕様)参照。

3.4

衝撃保護レベルI(level I impact protection)

道路補修工事,土地造成,その他の建設現場などで落ちてくる小形の落下物[例えば,れんが(煉瓦),

小さいコンクリートブロック,手工具]による衝撃に対する強度。

3.5

衝撃保護レベルII(level II impact protection)

現場の障害物除去,頭上の解体作業又は森林作業に使用される機械で,落ちてくる重い落下物(例えば,

倒木,岩石)による衝撃に対する強度。

3.6

代表試験(representative test)

材料,寸法及び製造に関する要求事項が,生産形のFOPSの典型であるような供試体による試験。

[ JIS A8920 : 2009.pdf Page : 4 / 14 ]ページ TOPへ

JIS A 8920:2009の対応国際規格一覧

  • ISO 3449:2005(IDT)

JIS A 8920:2009の国際規格分類一覧

  • 53.100

JIS A 8920:2009の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
A8308
土工機械-基本機種-用語
A8910
土工機械-転倒時保護構造-台上試験及び性能要求事項
B1051
炭素鋼及び合金鋼製締結用部品の機械的性質-強度区分を規定したボルト,小ねじ及び植込みボルト-並目ねじ及び細目ねじ
B1052
-
Z2242
金属材料のシャルピー衝撃試験方法