JIS B 1865:2021 歯付ベルト伝動―物性試験方法

JIS B 1865:2021 規格概要

この規格 B1865は、自動車,農機用内燃機関などの一般産業機器に用いられる動力伝達用の歯付ベルトの物性試験方法について規定。

JISB1865 規格全文情報

規格番号
JIS B1865 
規格名称
歯付ベルト伝動―物性試験方法
規格名称英語訳
Synchronous belt drives -- Test methods of physical properties
制定年月日
2021年6月21日
最新改正日
2021年6月21日
JIS 閲覧
‐ 
対応国際規格

ISO

ISO 12046:2012(MOD)
国際規格分類

ICS

21.220.10, 43.060.10
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
‐ 
改訂:履歴
2021-06-21 制定
ページ
JIS B 1865:2021 PDF [16]
                                                                                   B 1865 : 2021

pdf 目 次

ページ

  •  序文・・・・[1]
  •  1 適用範囲・・・・[1]
  •  2 引用規格・・・・[1]
  •  3 用語及び定義・・・・[1]
  •  4 試験項目・・・・[2]
  •  5 試験条件・・・・[2]
  •  5.1 試験室の標準状態・・・・[2]
  •  5.2 試料の標準状態・・・・[2]
  •  5.3 試験成績の丸め方・・・・[2]
  •  5.4 記録・・・・[2]
  •  6 試験・・・・[3]
  •  6.1 背ゴム硬さ試験・・・・[3]
  •  6.2 引張強さ試験・・・・[3]
  •  6.3 歯布離強さ試験 46.4 心線引抜き強さ試験・・・・[5]
  •  6.5 歯せん断強さ試験・・・・[6]
  •  6.6 空気加熱試験・・・・[10]
  •  6.7 低温試験・・・・[11]
  •  6.8 油浸せき試験・・・・[11]
  •  6.9 オゾン試験・・・・[11]
  •  6.10 沸騰水浸せき試験・・・・[11]
  •  附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表・・・・[13]

(pdf 一覧ページ番号 1)

――――― [JIS B 1865 pdf 1] ―――――

           B 1865 : 2021

まえがき

  この規格は,産業標準化法第12条第1項の規定に基づき,日本ベルト工業会(JBMA)及び一般財団
法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原案を添えて日本産業規格を制定すべきとの申出があり,日本
産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本産業規格である。
  この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。
  この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意
を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実
用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

(pdf 一覧ページ番号 2)

――――― [JIS B 1865 pdf 2] ―――――

                                      日本産業規格                            JIS
                                                                              B 1865 : 2021

歯付ベルト伝動−物性試験方法

Synchronous belt drives-Test methods of physical properties

序文

 この規格は,2012年に第2版として発行されたISO 12046を基とし,我が国の実情に合わせるため,技
術的内容を変更して作成した日本産業規格であり,対応国際規格には規定されていない規定項目を日本産
業規格として追加している。
  なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。
技術的差異の一覧表にその説明を付けて,附属書JAに示す。

1 適用範囲

  この規格は,主に自動車,農機用内燃機関などの一般産業機器に用いられる動力伝達用の歯付ベルト(以
下,ベルトという。)の物性試験方法について規定する。
  注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。
        ISO 12046:2012,Synchronous belt drives−Automotive belts−Determination of physical properties(MOD)
          なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”こと
        を示す。

2 引用規格

  次に掲げる引用規格は,この規格に引用されることによって,その一部又は全部がこの規格の要求事項
を構成している。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。
    JIS B 1859 歯付ベルト伝動−用語
    JIS K 6253-3 加硫ゴム及び熱可塑性ゴム−硬さの求め方−第3部 : デュロメータ硬さ
    JIS K 6257 加硫ゴム及び熱可塑性ゴム−熱老化特性の求め方
    JIS K 6258 加硫ゴム及び熱可塑性ゴム−耐液性の求め方
      注記 対応国際規格における引用規格 : ISO 1817,Rubber, vulcanized or thermoplastic−Determination
            of the effect of liquids
    JIS Z 8401 数値の丸め方

3 用語及び定義

  この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 1859による。

――――― [JIS B 1865 pdf 3] ―――――

           2
B 1865 : 2021

4 試験項目

  試験項目は,表1による。
                                         表1−試験項目
                                    試験項目       適用細分箇条
                               背ゴム硬さ試験          6.1
                               引張強さ試験            6.2
                               歯布離強さ試験          6.3
                               心線引抜き強さ試験      6.4
                               歯せん断強さ試験        6.5
                               空気加熱試験            6.6
                               低温試験                6.7
                               油浸せき試験            6.8
                               オゾン試験              6.9
                               沸騰水浸せき試験        6.10

5 試験条件

5.1 試験室の標準状態

  試験室の標準状態は,温度(25±5)℃,相対湿度(65±20)%及び気圧86 kPa以上106 kPa以下とする。

5.2 試料の標準状態

  試料は,加硫後16時間以上,5.1の標準状態に置かなければならない。

5.3 試験成績の丸め方

  各試験によって得られた試験成績は,JIS Z 8401の規則Bによって,表2に従って丸める。
                                     表2−試験成績の丸め方
                         試験項目及び単位             求める試験成績
                   背ゴム硬さa)                           整数位
                   引張強さ              N             100位の桁
                   歯布離強さ            N             小数第1位
                   心線引抜き強さ        N              10位の桁
                   歯せん断強さ          N              10位の桁
                     注a) 背ゴム硬さの単位は,無名数とする。

5.4 記録

  試験成績書には,次の事項を記録する。
a) 試料の歯数,歯ピッチ,歯形及び幅
b) 試料の材質
c) 試料の製造年月日

――――― [JIS B 1865 pdf 4] ―――――

                                                                                             3
                                                                                   B 1865 : 2021
d) 試験年月日
e) 試料の個数
f) 試験時の温度,相対湿度及び気圧
g) 試験機器類の種類

6 試験

6.1 背ゴム硬さ試験

6.1.1 試料
  試料には,1個の製品そのもの又は製品から100 mm以上の長さに切り取った1個の試験片を用いる。
6.1.2 試験方法
  背ゴムの硬さは,JIS K 6253-3に規定するタイプAデュロメータを用い,図1に示すように固定された
平らな台に,ベルトの歯を下側にして置き,歯の真上を測定する。
 記号説明
   a デュロメータ b 試料  c 固定された台
                           図1−背ゴム硬さ試験(デュロメータでの例)
6.1.3 試験結果のまとめ方
  試験成績は,ベルト長さ方向に沿って5か所の測定値を算術平均した値を5.3に従って丸める。
  なお,試料は,製品か試験片かを記録する。

6.2 引張強さ試験

6.2.1 試料
  試料には,1個の製品から250 mm以上の長さに切り取った2個の試験片又は製品そのものを用いる。
6.2.2 試験方法
  製品のままで試験する場合は,図2に示すように,製品の歯部を外側に向けて外径が等しい100 mm
175 mmの2個の回転可能な平プーリに取り付け,切り取った試験片を用いる場合は,試験片をチャック

――――― [JIS B 1865 pdf 5] ―――――

           4
B 1865 : 2021
間長さ150 mm以上,つかみ部分50 mm以上で取り付ける。その後,(50±5)mm/minの引張速度で試験
し,製品又は2個の試験片の切断時の引張強さを測定する。
                                     図2−製品での試験方法
6.2.3 試験結果のまとめ方
  試験成績は,製品を用いた場合は測定値の1/2とし,試験片を用いた場合は2個の測定値の小さい方の
値とする。ただし,つかみ部分又は平プーリ上で切断した場合は,測定値として採用しない。試験成績は,
5.3に従って丸める。
  なお,試料は,製品か試験片かを記録する。
6.3  歯布離強さ試験
6.3.1 試料
  試料には,1個の製品から100 mm以上の長さに切り取った2個の試験片を用いる。その片側を図3に
示すように第一歯目の歯底部を残し,A及びBの2方向に切り開く。
6.3.2 試験方法
  試験は,図3に示すA部を引張試験機の固定側つかみジグに,B部を移動側つかみジグに取り付け,(50
±5)mm/minの引張速度で行い,3歯連続して離強さを測定する。
6.3.3 試験結果のまとめ方
  試験成績は,歯底部及び歯先部について別々にまとめる。歯底部は,2個の試験片の第一歯目の歯底部
での最小値を用い,歯先部については2個の試験片の3歯のピーク荷重のうち,最小値を用いる(図4参

――――― [JIS B 1865 pdf 6] ―――――

                                                                                             5
                                                                                   B 1865 : 2021
照)。試験成績は測定値を製品の標準幅の基準値を用い1 mm幅当たりの値に換算し,5.3に従って丸める。
                                      図3−試験片の取付け
                                 図4−3歯の歯布離強さ測定値
6.4  心線引抜き強さ試験
6.4.1 試料
  試料には,1個の製品から100 mm以上の長さに切り取った2個の試験片を用いる。試験片を図5に示
すように中央付近の2本の心線を(30±3)mmの切込み長さで引き抜けるように部分的にカットする。

――――― [JIS B 1865 pdf 7] ―――――

           6
B 1865 : 2021
6.4.2 試験方法
  試験は,試験片の両端部を引張試験機のつかみ部でつかみ,(50±5)mm/minの引張速度で行い,引抜き
強さを測定する。心線が引き抜かれる前に切断を生じた場合は,完全な引抜きとなるまで切込み長さを短
くして試験を実施する。
                   図5−心線引抜き強さ試験の試験片(9.525 mm歯ピッチの例)
6.4.3 試験結果のまとめ方
  試験成績は,2個の測定値の小さい方の値を用いて,次式によって切込み長さ30 mmに換算し,5.3に
従って丸める。
                             Fm
                         Ft     30
                              L
                       ここで,        Ft :  心線の引抜き強さ(N)
                                       Fm :  引抜き強さ(N)
                                        L :  切込み長さの実測値(mm)

6.5 歯せん断強さ試験

6.5.1 試料
  試料には,製品から200 mm以上の長さに切り取った1個の試験片を用いる。
6.5.2 試験方法
  試験は,図6に示すように,試験片をせん断用歯チップに取り付け,押込力1) を与える。その後,引張
速度(50±5)mm/minでせん断用ジグを移動させ,歯のせん断時の最大強さを記録する。試験は,図7に
示すように歯元位置で切除し,1歯置きに3回連続して行う。ただし,歯布継ぎ目がある部分を除く。
  なお,押込力は試験片の標準幅の基準値(mm)に157 Nを乗じた値(N)とする。
  注1) 押込力とは,図6に示す押込ボルトによってスライドベアリングを介して試験片に与えられる力
        をいう。ボルトの締め付けトルクは校正値を用いる。

――――― [JIS B 1865 pdf 8] ―――――

                                                                                             7
                                                                                   B 1865 : 2021
                                 図6−歯せん断用ジグ及び試験片
                                   図7−せん断される歯の準備

――――― [JIS B 1865 pdf 9] ―――――

           8
B 1865 : 2021
6.5.3 せん断用歯チップ
  表3,表4,表5及び表6にせん断用歯チップの主要寸法を示す。
                         表3−A歯形及びB歯形のせん断用歯チップの寸法
                                                                     寸法単位 mm,角度単位 度
                    種類       hr       lb       rt       rb       φ
                              ±0.02   ±0.03   ±0.02   ±0.02    ±0.5
                     ZA       1.91     6.27     0.51     0.51      20
                     ZB       2.29     5.09     1.02     1.02      20

――――― [JIS B 1865 pdf 10] ―――――

                                                                                             9
                                                                                   B 1865 : 2021
                              表4−H歯形のせん断用歯チップの寸法
                                                                                     単位 mm
               種類       hr       lt       rt       rb       W        H
                         ±0.02   ±0.02   ±0.02   ±0.02
                ZH      3.61      2.92     0.76     2.59     4.85     1.02
                YH      3.16      2.23     0.67     2.27     4.08     0.89
                              表5−R歯形のせん断用歯チップの寸法
                                                                                     単位 mm
         種類       hr        lb       lt       rt       Xc        Yc       K
                   ±0.02    ±0.02   ±0.02   ±0.02
          ZR       3.45      7.66     2.17     1.00      1.79     2.76     0.858
          YR       2.92      5.21     1.17     0.80      1.25     2.33     1.496

――――― [JIS B 1865 pdf 11] ―――――

           10
B 1865 : 2021
                              表6−S歯形のせん断用歯チップの寸法
                                                                                     単位 mm
                種類      hr       rt       rb       rg       W        H
                         ±0.02   ±0.02   ±0.02   ±0.02
                 ZS      3.65     0.95     0.95     6.19     7.85     0.69
                 YS      3.07     0.80     0.80     5.20     6.60     0.69
6.5.4 試験結果のまとめ方
  試験成績は,3回の測定値の最小値を製品の標準幅の基準値1 mm幅当たりに換算し,5.3に従って丸め
る。

6.6 空気加熱試験

6.6.1 試料
  試料には,製品又は製品から100 mm以上の長さに切り取った2個の試験片を用いる。
6.6.2 試験方法
  試験は,試料をJIS K 6257に規定する強制循環形熱老化試験機(横風式)(ギヤー式老化試験機),又は
これに準じた装置で,使用される環境温度に応じて表7に示すA又はBの条件に従って加熱処理した後,
5.1の標準状態に1時間以上放置冷却し,次の試験を行う。
a) 6.1(背ゴム硬さ試験)による。
b) 6.3(歯布離強さ試験)による。

――――― [JIS B 1865 pdf 12] ―――――

                                                                                            11
                                                                                   B 1865 : 2021
                                     表7−空気加熱試験条件
                                 試験条件    温度      時間
                                               ℃        h
                                    A       125±2      70
                                    B       150±2

6.7 低温試験

6.7.1 試料
  試料には,製品から150 mm以上の長さに切り取った試験片を用いる。
6.7.2 試験方法
  試験は,試料を低温室に入れ,温度(−40±2)℃で5時間以上放置し,低温室内で外径25 mmの丸棒
に歯を内側にして曲げ,背ゴムの亀裂発生の有無を目視で調べる。
  なお,丸棒も共に冷却する。

6.8 油浸せき試験

6.8.1 試料
  試料には,製品又は製品から200 mm以上の長さに切り取った1個の試験片を用いる。
6.8.2 試験方法
  試験は,試料を温度(100±2)℃のJIS K 6258のA.2(試験用潤滑油)に規定するNo.1油に70時間浸
せきした後,油中から取り出し,5.1の標準状態に1時間以上放置し,次の試験を行う。
a) 6.1(背ゴム硬さ試験)による。
b) 6.5(歯せん断強さ試験)による。

6.9 オゾン試験

6.9.1 試料
  試料には,製品又は製品から200 mm以上の長さに切り取った試験片を用いる。
6.9.2 試験方法
  試験は,試料を外径50 mmの丸棒に,歯を内側にして巻き付け,オゾン濃度(50±5)pphm,温度(40
±2)℃の槽内に70時間放置し,背ゴムの亀裂発生の有無を10倍の拡大鏡で調べる。

6.10 沸騰水浸せき試験

6.10.1 試料
  試料には,製品そのものを用いる。

――――― [JIS B 1865 pdf 13] ―――――

           12
B 1865 : 2021
6.10.2 試験方法
  試験は,試料を沸騰水中に3時間浸せきした後,温度(25±5)℃の水中で30分冷却し,水槽から取り
出して,5.1の標準状態で1時間以上放置し,24時間以内に次の試験を行う。
a) 6.2(引張強さ試験)による。
b) 6.3(歯布離強さ試験)による。
c) 6.4(心線引抜き強さ試験)による。
参考文献
  JIS K 6250 ゴム−物理試験方法通則

――――― [JIS B 1865 pdf 14] ―――――

                                                                                            13
                                                                                   B 1865 : 2021
                                         附属書JA
                                          (参考)
                            JISと対応国際規格との対比表
 JIS B 1865                    ISO 12046:2012,(MOD)
 a)   ISの箇 b) 対応国際 c) 箇条ご d)   ISと対応国際規格との技術的差異の e)   ISと対応国際規格
    条番号     規格の対    との評    内容及び理由                        との技術的差異に対
                応する箇    価                                             する今後の対策
                条番号
  •  1 適用範囲・・・・[1]
           追加                                           市場の実態を考慮し自動
                                     農機用内燃機関などの一般産業機器を追加
                                     した。                              車以外を追加した。
             3           削除      箇条を削除した。                    歯せん断強さは歯形状に
                                                                          よって,歯せん断チップ
                                                                          を変えているのでISO規
                                                                          格の3 Principleの内容と
                                                                          矛盾するので削除した。
 3 用語及び              追加      項目として追加した。                使用者の利便性を考慮し
 定義                                                                    て,分かりやすくするた
                                                                          めに追加した。

5 試験条件

 5.2         変更      “試料は,加硫後16時間以上,5.1の標準ISO 23529,Rubber−
 5.2 試験の                                                              General
                                     状態に置かなければならない“と変更した。    proceduresfor
 標準状態                                                                preparing and conditioning
                                                                          test pieces for physical test
                                                                          methods及びJIS K 6250
                                                                          (ゴム−物理試験方法通
                                                                          則)にならった。ISO規格
                                                                          の修正提案を行う。
 5.3 試験成 5.3         変更      歯布離強さの丸め方を変更した。      国内の現状に合わせて変
 績の丸め方                                                              更した。
 6.1 背ゴム 6.1.2       変更      IRHDテスターでの測定に関して削除した。
                                                                          日本では実績がないため
 硬さ試験                           図1を追加した。                     使用者の利便性を考慮し
 6.1.2 試験方                                                            て,分かりやすくするた
 法                                                                      めに追記した。
 6.1.3 試験結6.1.3       追加                                           使用者の利便性を考慮し
                                     “試料は,製品か試験片かを記録する”の文
 果のまとめ                         を追加した。                        て,分かりやすくするた
 方                                                                      めに追加した。ISO規格
                                                                          の修正提案を行うことを
                                                                          検討する。
 6.2 引張強 6.2.2       追加      図2を追加した。                     使用者の利便性を考慮し
 さ試験                                                                  て,分かりやすくするた
 6.2.2 試験方                                                            めに追加した。
 法
 6.2.3 試験結6.2.3       追加                                           使用者の利便性を考慮し
                                     “試料は,製品か試験片かを記録する”の文
 果のまとめ                         を追加した。                        て,分かりやすくするた
 方                                                                      めに追加した。ISO規格
                                                                          の修正提案を行うことを
                                                                          検討する。

――――― [JIS B 1865 pdf 15] ―――――

次のページ PDF 16

JIS B 1865:2021の引用国際規格 ISO 一覧

  • ISO 12046:2012(MOD)

JIS B 1865:2021の国際規格 ICS 分類一覧

JIS B 1865:2021の関連規格と引用規格一覧

JIS ハンドブックから規格の検索、規格番号や名称が調べて探すことができます。
JIS ハンドブック 一覧 規格 種類別