JIS H7 規格 一覧表|非鉄金属|JIS検索 日本産業規格

この規格の目次

JIS規格 H7 非鉄金属などの日本産業規格の一覧表。JIS検索 JISコード・規格情報・ISO関連規格・分析方法,原材料,伸銅品,その他伸展材,鋳物,機能性材料,加工方法・器具等。

全62件中、25件を表示

JIS H7001:2009 形状記憶合金用語

この規格は、形状記憶合金に関する主な用語及び定義について規定。 [...]

JIS H7002:1989 制振材料用語

この規格は、金属系の制振材料に関する用語及び意味について規定。 [...]

JIS H7003:2007 水素吸蔵合金用語

この規格は、水素吸蔵合金及びその応用に関する主な用語並びに定義について [...]

JIS H7004:1990 アモルファス金属用語

この規格は、鉱工業で用いるアモルファス金属に関する用語及び定義について [...]

JIS H7005:2005 超電導関連用語

この規格は、超電導材料に関する用語及び定義について規定。 [...]

JIS H7006:1991 金属基複合材料用語

この規格は、繊維を複合した金属基複合材料に関する用語及びその定義につい [...]

JIS H7007:2002 金属系超塑性材料用語

この規格は、工業的に広く使用されている,微細粒超塑性を示す金属形超塑性 [...]

JIS H7008:2002 金属超微粒子用語

この規格は、超微粒子関連技術のうち,金属系超微粒子の分野において用いる [...]

JIS H7009:2016 ポーラス金属用語

この規格は、ポーラス金属及びその応用に関する主な用語について規定。 [...]

JIS H7101:2002 形状記憶合金の変態点測定方法

この規格は、形状記憶合金の示差走査熱量測定による変態点測定方法について [...]

JIS H7103:2012 Ti-Ni形状記憶合金の引張試験方法

この規格は、Ti-Ni形状記憶合金の線,条及び管の引張試験方法について [...]

JIS H7105:2012 Ti-Ni形状記憶合金コイルばねの定ひずみ試験方法

この規格は、Ti-Ni形状記憶合金の圧縮コイルばね及び引張コイルばねの [...]

JIS H7106:2002 形状記憶合金コイルばねの定ひずみ熱サイクル試験方法

この規格は、形状記憶合金の圧縮コイルばね及び引張コイルばねを一定ひずみ [...]

JIS H7107:2009 Ti-Ni形状記憶合金線,条及び管

この規格は、形状記憶効果及び超弾性を利用した製品に使用するTi-Ni形 [...]

JIS H7151:1991 アモルファス金属の結晶化温度測定方法

この規格は、アモルファス金属の示差走差熱量測定(DSC)又は示差熱分析 [...]

JIS H7152:1996 アモルファス金属単板磁気特性試験方法

この規格は、商用周波数におけるアモルファス金属薄帯の鉄損特性及び交流磁 [...]

JIS H7153:1991 アモルファス金属磁心の高周波磁心損失試験方法

この規格は、アモルファス金属磁心を400Hz~1MHzの正弦波の交流電 [...]

JIS H7201:2007 水素吸蔵合金の圧力-組成等温線(PCT線)の測定方法

この規格は、水素吸蔵合金の圧力-組成等温線をジーベルツ法で求めるための [...]

JIS H7202:2007 水素吸蔵合金の水素化及び脱水素化反応速度測定方法

この規格は、水素吸蔵合金が水素を吸蔵及び放出する反応速度を求めるための [...]

JIS H7203:2007 水素吸蔵合金の水素吸蔵・放出サイクル特性の測定方法

この規格は、水素と水素吸蔵合金とを繰返し反応させることによって,水素吸 [...]

JIS H7204:1995 水素吸蔵合金の水素化熱測定方法

この規格は、水素吸蔵合金の水素化熱を熱量計で求めるための測定方法につい [...]

JIS H7205:2003 ニッケル・水素蓄電池用水素吸蔵合金の放電容量試験方法

この規格は、水素吸蔵合金のニッケル・水素蓄電池の負極への適用性を判定し [...]

JIS H7300:2020 超電導-実用超電導線の試験方法の総則

実用超電導線の機械的特性、電気的特性及び超電導特性を検証するための試験 [...]

JIS H7301:2009 超電導-第1部:臨界電流の試験方法-ニオブ・チタン合金複合超電導線

この規格は、銅と超電導体との体積比が1以上のCu/Nb-Ti複合超電導 [...]

JIS H7302:2009 超電導-第2部:臨界電流の試験方法-ニオブ3すず複合超電導線

この規格は、銅対非銅部の体積比が0.2以上のブロンズ法,又は内部すず法 [...]