JIS A 6517:2010 建築用鋼製下地材(壁・天井)

JIS A 6517:2010 規格概要

この規格 A6517は、建築物の主として屋内に使用する鋼製下地材の壁用鋼製下地材及び天井用鋼製下地材について規定。

JISA6517 規格全文情報

規格番号
JIS A6517 
規格名称
建築用鋼製下地材(壁・天井)
規格名称英語訳
Steel furrings for wall and ceiling in buildings
制定年月日
1979年3月1日
最新改正日
2015年10月20日
JIS 閲覧
‐ 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

77.140.99, 91.060.10, 91.060.30
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
建築 I-1(材料・設備) 2021, 建築 I-2(材料・設備) 2021, 建築 II-1(試験) 2021, 建築 II-2(試験) 2021
改訂:履歴
1979-03-01 制定日, 1983-12-01 確認日, 1985-11-01 改正日, 1989-03-01 改正日, 1995-02-01 改正日, 2000-03-20 確認日, 2002-02-20 改正日, 2007-04-20 確認日, 2010-05-20 改正日, 2015-10-20 確認
ページ
JIS A 6517:2010 PDF [20]
                                                                                   A 6517 : 2010

pdf 目 次

ページ

  •  1 適用範囲・・・・[1]
  •  2 引用規格・・・・[1]
  •  3 用語及び定義・・・・[1]
  •  4 鋼製下地材の名称・・・・[2]
  •  4.1 壁下地材の構成部材及び附属金物の名称・・・・[2]
  •  4.2 天井下地材の構成部材及び附属金物の名称・・・・[3]
  •  5 鋼製下地材の種類・・・・[4]
  •  6 品質・・・・[5]
  •  6.1 外観・・・・[5]
  •  6.2 性能・・・・[5]
  •  7 形状及び寸法・・・・[6]
  •  7.1 形状・・・・[6]
  •  7.2 寸法・・・・[7]
  •  8 材料・・・・[9]
  •  9 試験・・・・[10]
  •  9.1 外観・・・・[10]
  •  9.2 寸法・・・・[10]
  •  9.3 構成部材の形状安定性試験・・・・[10]
  •  9.4 壁下地材の強度試験・・・・[12]
  •  9.5 天井下地材の強度試験・・・・[13]
  •  10 検査・・・・[15]
  •  10.1 検査の種類及び検査項目・・・・[15]
  •  10.2 判定基準・・・・[15]
  •  11 鋼製下地材の呼び方・・・・[15]
  •  12 表示・・・・[16]
  •  12.1 鋼製下地材の表示・・・・[16]
  •  12.2 包装又は送り状の表示・・・・[16]
  •  13 添付資料・・・・[16]
  •  附属書A(参考)技術上重要な改正に関する新旧JIS対照表・・・・[17]

(pdf 一覧ページ番号 1)

――――― [JIS A 6517 pdf 1] ―――――

A 6517 : 2010

まえがき

  この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,財団法人建材試験
センター(JTCCM)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格(日本産業規格)を改正
すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格(日本産業規格)である。
これによって,JIS A 6517 :2002は改正され,この規格に置き換えられた。
なお,平成22年11月19日までの間は,工業標準化法第19条第1項等の関係条項の規定に基づくJIS
マーク表示認証において,JIS A 6517:2002によることができる。
この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。
この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に
抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許
権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責
任はもたない。

(pdf 一覧ページ番号 2)

――――― [JIS A 6517 pdf 2] ―――――

                                       日本工業規格(日本産業規格)                             JIS
A 6517 : 2010

建築用鋼製下地材(壁・天井)

Steel furrings for wall and ceiling in buildings

1 適用範囲

  この規格は,建築物の主として屋内に使用する鋼製下地材の壁用鋼製下地材(以下,壁下地材という。)
及び天井用鋼製下地材(以下,天井下地材という。)について規定する。
なお,技術上重要な改正に関する新旧対照表を附属書Aに記載する。

2 引用規格

  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの
引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。
JIS A 1414 建築用構成材(パネル)及びその構造部分の性能試験方法
JIS A 6901 せっこうボード製品
JIS B 1115 すりわり付きタッピンねじ
JIS B 1122 十字穴付きタッピンねじ
JIS B 1125 ドリリングタッピンねじ
JIS B 7503 ダイヤルゲージ
JIS B 7507 ノギス
JIS B 7512 鋼製巻尺
JIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯
JIS G 3321 溶融55 %アルミニウム−亜鉛合金めっき鋼板及び鋼帯
JIS G 3505 軟鋼線材
JIS H 8610 電気亜鉛めっき
JIS H 8625 電気亜鉛めっき及び電気カドミウムめっき上のクロメート皮膜
日本農林規格 普通合板

3 用語及び定義

  この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。
3.1
スタッド
壁下地材の構成部材で,軸組を構成する鋼製の支柱材(図1参照)。
3.2
ランナ
壁下地材の構成部材で,スタッドを取り付けるための鋼製の横架材(図1参照)。

――――― [JIS A 6517 pdf 3] ―――――

2
A 6517 : 2010
3.3
振れ止め
壁下地材の構成部材で,スタッドの中間に設けた貫通穴に通してスタッドの振れを防止する鋼製の横架
材(図1参照)。
3.4
スペーサ
壁下地材の附属金物で,スタッドの剛性を確保するとともに,スタッドと振れ止めとを固定するために
用いるもの(図1参照)。
3.5
つりボルト
天井下地材の附属金物で,天井下地材を上部床などからつ(吊)るためのもの(図2参照)。
3.6
ナット
天井下地材の附属金物で,つりボルトとハンガとを固定するもの(図2参照)。
3.7
ハンガ
天井下地材の附属金物で,つりボルトと天井下地材の構成部材とを固定するもの(図2参照)。
3.8
野縁
天井下地材の構成部材で,天井面材を取り付けるためのもの(図2参照)。形状によってダブル野縁及び
シングル野縁がある。
3.9
野縁ジョイント
天井下地材の附属金物で,野縁と野縁とを接続するための継手(図2参照)。野縁と同様に,形状によっ
てダブル及びシングルがある。
3.10
野縁受け
天井下地材の構成部材で,野縁を取り付けるためのもの(図2参照)。
3.11
野縁受けジョイント
天井下地材の附属金物で,野縁受けと野縁受けとを接続するための継手(図2参照)。
3.12
クリップ
天井下地材の附属金物で,野縁受けと野縁とを接続固定する緊結金物(図2参照)。野縁の形状によって
ダブルクリップ及びシングルクリップがある。

4 鋼製下地材の名称

4.1 壁下地材の構成部材及び附属金物の名称

  壁下地材の構成部材及び附属金物の名称は,図1による。

――――― [JIS A 6517 pdf 4] ―――――

                                                                                              3
A 6517 : 2010

4.2 天井下地材の構成部材及び附属金物の名称

  天井下地材の構成部材及び附属金物の名称は,図2による。
図1−壁下地材の構成部材及び附属金物の名称
図2−天井下地材の構成部材及び附属金物の名称

――――― [JIS A 6517 pdf 5] ―――――

次のページ PDF 6

JIS A 6517:2010の国際規格 ICS 分類一覧

JIS A 6517:2010の関連規格と引用規格一覧

JIS ハンドブックから規格の検索、規格番号や名称が調べて探すことができます。
JIS ハンドブック 一覧 規格 種類別