JISH5303 : 2020 マグネシウム合金ダイカスト

JIS H 5303:2020の規格概要

この規格 H5303は、マグネシウム合金ダイカストについて規定。

JISH5303 規格全文情報

規格番号
JIS H5303 
規格名称
マグネシウム合金ダイカスト
制定年月日
1976/03/01
最新改正日
2020/12/21
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

ISO 16220:2017(MOD)
国際規格分類

ICS

77.150.20
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1976-03-01制定日
  • 1979-02-01確認日
  • 1984-06-01確認日
  • 1988-12-01確認日
  • 1991-08-01改正日
  • 1996-06-01確認日
  • 2000-06-20改正日
  • 2005-03-20確認日
  • 2006-08-20改正日
  • 2011-10-20確認日
  • 2016-10-20確認日
  • 2020-12-21改正日

H 5303:2020

目 次

ページ

序文 [ p.1 ]

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.2 ]

4 種類及び種類の記? [ p.2 ]

5 材料 [ p.3 ]

6 品質 [ p.3 ]

6.1 外観 [ p.3 ]

6.2 化学成分 [ p.3 ]

6.3 機械的性質 [ p.5 ]

7 形状,寸法及び質量 [ p.5 ]

8 試験 [ p.5 ]

8.1 分析試験 [ p.5 ]

8.2 機械試験 [ p.5 ]

9 検査 [ p.5 ]

10 表示 [ p.5 ]

11 報告 [ p.6 ]

附属書A(参考)マグネシウム合金ダイカストの機械的性質 [ p.7 ]

附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表 [ p.9 ]

[ JIS H5303 : 2020.pdf Page : 1 / 12 ]ページ TOPへ

H 5303:2020

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人

日本マグネシウム協会(JMA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原案を添えて日本

産業規格を改正すべきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本

産業規格である。これによって,JIS H 5303:2006は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格に従うことは,次の者の有する特許権等の使用に該当するおそれがあるので,留意する。

特許番号

特許権の名称

所有者

有効期限

5709063号

耐熱マグネシウム合金

株式会社栗本鐵工所

2032年6月19日

6329714号

マグネシウム合金

住友電気工業株式会社,国立大学法人富山大学 2037年7月13日

WO2020/054880 難燃高靭性マグネシウム合

一般社団法人日本マグネシウム協会,株式会社

グローバルマグネシウムコーポレーション,株

式会社戸畑製作所,株式会社栗本鐵工所

上記の特許権等の権利者は,非差別的かつ合理的な条件でいかなる者に対しても当該特許権等の実施の

許諾等をする意思のあることを表明している。ただし,この規格に関連する他の特許権等の権利者に対し

ては,同様の条件でその実施が許諾されることを条件としている。

この規格に従うことが,必ずしも,特許権の無償公開を意味するものではないことに注意する必要があ

る。

この規格の一部が,上記に示す以外の特許権等に抵触する可能性がある。経済産業大臣及び日本産業標

準調査会は,このような特許権等に関わる確認について,責任はもたない。

なお,ここで“特許権等”とは,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権をいう。

[ JIS H5303 : 2020.pdf Page : 2 / 12 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

H 5303:2020

マグネシウム合金ダイカスト

Magnesium alloy die castings

序文

この規格は,2017年に第3版として発行されたISO 16220を基とし,技術的内容を変更して作成した日

本産業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

技術的差異の一覧表にその説明を付けて,附属書JAに示す。

1

適用範囲

この規格は,マグネシウム合金ダイカスト(以下,ダイカストという。)について規定する。

注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 16220:2017,Magnesium and magnesium alloys−Magnesium alloy ingots and castings(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”こと

を示す。

2

引用規格

次に掲げる引用規格は,この規格に引用されることによって,その一部又は全部がこの規格の要求事項

を構成している。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS B 0403 鋳造品−寸法公差方式及び削り代方式

JIS H 0321 非鉄金属材料の検査通則

JIS H 1331 マグネシウム及びマグネシウム合金−分析用試料採取方法及び分析方法通則

JIS H 1332 マグネシウム及びマグネシウム合金中のアルミニウム定量方法

JIS H 1333 マグネシウム及びマグネシウム合金中の亜鉛定量方法

JIS H 1334 マグネシウム及びマグネシウム合金中のマンガン定量方法

JIS H 1335 マグネシウム及びマグネシウム合金中のけい素定量方法

JIS H 1336 マグネシウム及びマグネシウム合金中の銅定量方法

JIS H 1337 マグネシウム及びマグネシウム合金中のニッケル定量方法

JIS H 1338 マグネシウム及びマグネシウム合金中の鉄定量方法

JIS H 1341 マグネシウム合金中のカルシウム定量方法

JIS H 1345 マグネシウム合金中の希土類定量方法

JIS H 2222 ダイカスト用マグネシウム合金地金

[ JIS H5303 : 2020.pdf Page : 3 / 12 ]ページ TOPへ

2

H 5303:2020

3

用語及び定義

この規格には,定義する用語はない。

4

種類及び種類の記号

ダイカストの種類は,16種とし,その種類の記号は,表1による。

表1−ダイカストの種類の記号

種類の記号

ISO 16220による

記号(参考)

JIS H 5303:2006

(旧規格)による

種類(参考)

JIS H 5303:2006

(旧規格)によ

る種類の記号

(参考)

合金の特色

(参考)

用途例

(参考)

MDC-AZ91B

ISO-MgAl9Zn1(B)

マグネシウム合金

ダイカスト1種B

MDC1B

機械的性質及び

鋳造性に優れる

が,耐食性は

MDC-AZ91Dより

やや劣る。

輸送機部品,チェ

ーンソー,ノート

パソコン,ビデオ

カメラ,音響機

器,スポーツ用品

など

MDC-AZ91D

ISO-MgAl9Zn1(A) マグネシウム合金

ダイカスト1種D

MDC1D

耐食性に優れ,他

の特性は,MDC-

AZ91Bと同等。

MDC-AZX912 ISO-MgAl9Zn1Ca

難燃性をもち,機

械的性質に優れ

る。

輸送機部品など

MDC-AM20A

ISO-MgAl2Mn

マグネシウム合金

ダイカスト5種

MDC5

伸び及びじん

(靭)性に優れ

る。

輸送機部品,スポ

ーツ用品など

MDC-AM50A

ISO-MgAl5Mn

マグネシウム合金

ダイカスト4種

MDC4

MDC-AM60B

ISO-MgAl6Mn

マグネシウム合金

ダイカスト2種B

MDC2B

MDC-AXE500

難燃性をもち,伸

び及びじん性に

優れる。

輸送機部品など

MDC-AXE622 ISO-

MgAl6Ca2RE2

難燃性をもち,高

温強度に優れる。

MDC-AXJ620

ISO-MgAl6Ca2Sr

MDC-AXS620

MDC-AE44

ISO-MgAl4RE4

高温強度に優れ

る。

MDC-AJ52

ISO-MgAl5Sr2

MDC-AJ62

ISO-MgAl6Sr2

MDC-AJX931

MDC-AS21A

ISO-MgAl2Si

マグネシウム合金

ダイカスト6種

MDC6

MDC-AS41B

ISO-MgAl4Si

マグネシウム合金

ダイカスト3種B

MDC3B

[ JIS H5303 : 2020.pdf Page : 4 / 12 ]ページ TOPへ

JIS H 5303:2020の対応国際規格一覧

  • ISO 16220:2017(MOD)

JIS H 5303:2020の国際規格分類一覧

  • 77.150.20

JIS H 5303:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
B0403
鋳造品−寸法公差方式及び削り代方式
H0321
非鉄金属材料の検査通則
H1331
マグネシウム及びマグネシウム合金−分析用試料採取方法及び分析方法通則
H1332
マグネシウム及びマグネシウム合金中のアルミニウム定量方法
H1333
マグネシウム及びマグネシウム合金中の亜鉛定量方法
H1334
マグネシウム及びマグネシウム合金中のマンガン定量方法
H1335
マグネシウム及びマグネシウム合金中のけい素定量方法
H1336
マグネシウム及びマグネシウム合金中の銅定量方法
H1337
マグネシウム及びマグネシウム合金中のニッケル定量方法
H1338
マグネシウム及びマグネシウム合金中の鉄定量方法
H1341
マグネシウム合金中のカルシウム定量方法
H1345
マグネシウム合金中の希土類定量方法
H2222
ダイカスト用マグネシウム合金地金