JISZ1620 : 2020 鋼製ペール

JIS Z 1620:2020の規格概要

この規格 Z1620は、液体危険物及び固体危険物、並びに非危険物の輸送及び貯蔵容器として用いる呼び容量18 Lから20 Lまでの鋼製ペールについて規定。

JISZ1620 規格全文情報

規格番号
JIS Z1620 
規格名称
鋼製ペール
制定年月日
1967/05/01
最新改正日
2020/11/20
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

55.120
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1967-05-01制定日
  • 1970-05-01確認日
  • 1972-03-01改正日
  • 1974-12-01確認日
  • 1977-03-01改正日
  • 1980-04-01確認日
  • 1984-10-01確認日
  • 1985-03-01改正日
  • 1990-06-01確認日
  • 1995-01-01改正日
  • 2000-08-20確認日
  • 2005-12-20確認日
  • 2010-10-01確認日
  • 2015-10-20確認日
  • 2020-11-20改正日

Z 1620:2020

目 次

ページ

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 形式,種類,号別及び級別 [ p.1 ]

3.1 形式 [ p.1 ]

3.2 種類 [ p.2 ]

3.3 号別 [ p.2 ]

3.4 級別 [ p.2 ]

4 品質 [ p.3 ]

4.1 外観 [ p.3 ]

4.2 性能 [ p.3 ]

5 構造及び製造方法 [ p.3 ]

5.1 胴体 [ p.3 ]

5.2 地板 [ p.3 ]

5.3 天蓋又は天板 [ p.4 ]

5.4 取っ手 [ p.4 ]

5.5 チャイム [ p.4 ]

5.6 印刷又は塗装 [ p.4 ]

6 形状,寸法,容量及び質量 [ p.4 ]

7 材料 [ p.7 ]

7.1 鋼板 [ p.7 ]

7.2 口金 [ p.7 ]

7.3 ガスケット [ p.7 ]

7.4 取っ手 [ p.7 ]

7.5 バンド [ p.7 ]

7.6 巻締め部充?剤 [ p.7 ]

7.7 印刷インキ又は塗料 [ p.8 ]

8 試験 [ p.8 ]

8.1 危険物用ペールの試験 [ p.8 ]

8.2 非危険物用ペールの試験 [ p.10 ]

9 検査 [ p.10 ]

9.1 外観 [ p.10 ]

9.2 構造 [ p.10 ]

9.3 形状,寸法,容量及び質量 [ p.10 ]

9.4 気密性 [ p.11 ]

9.5 落下強度 [ p.11 ]

[ JIS Z1620 : 2020.pdf Page : 1 / 17 ]ページ TOPへ

Z 1620:2020 目次

ページ

9.6 耐圧性 [ p.11 ]

9.7 積重ね強度 [ p.11 ]

9.8 取っ手及び取っ手取付部の強度 [ p.11 ]

10 表示 [ p.11 ]

附属書A(規定)試験・検査方法及び合格基準 [ p.12 ]

[ JIS Z1620 : 2020.pdf Page : 2 / 17 ]ページ TOPへ

Z 1620:2020

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第12条第1項の規定に基づき,ドラム缶工業

会(JSDA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原案を添えて日本産業規格を改正すべ

きとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本産業規格である。こ

れによって,JIS Z 1620:1995は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS Z1620 : 2020.pdf Page : 3 / 17 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

Z 1620:2020

鋼製ペール

Steel pails

1

適用範囲

この規格は,液体危険物及び固体危険物,並びに非危険物の輸送及び貯蔵容器として用いる呼び容量18

Lから20 Lまでの鋼製ペール(以下,ペールという。)について規定する。

注記1 この規格でいう危険物とは,次に示す法令の適用を受けるものをいう。

- 船舶安全法(昭和8年法律第11号)

- 消防法(昭和23年法律第186号)

- 毒物及び劇物取締法(昭和25年法律第303号)

- 航空法(昭和27年法律第231号)

注記2 この規格でいう液体危険物又は固体危険物とは,関連法の規定による。

注記3 この規格でいう危険等級とは,関連法によって次のとおり読み替える。

- 船舶安全法:容器等級

- 消防法:危険等級

- 毒物及び劇物取締法:包装等級

- 航空法:容器等級

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS G 3141 冷間圧延鋼板及び鋼帯

JIS G 3303 ぶりき及びぶりき原板

JIS G 3315 ティンフリースチール

JIS G 3532 鉄線

JIS G 3547 亜鉛めっき鉄線

JIS Z 1604 鋼製ドラム用口金

JIS Z 1607 金属板製ふた・口金

3

形式,種類,号別及び級別

3.1

形式

ペールは,胴体の形状によって,表1に示す形式に区分する。

[ JIS Z1620 : 2020.pdf Page : 4 / 17 ]ページ TOPへ

JIS Z 1620:2020の国際規格分類一覧

  • 55.120

JIS Z 1620:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
G3141
冷間圧延鋼板及び鋼帯
G3303
ぶりき及びぶりき原板(追補1)
G3315
ティンフリースチール(追補1)
G3532
鉄線
G3547
亜鉛めっき鉄線
Z1604
鋼製ドラム用口金
Z1607
金属板製ふた・口金