JIS Z 8734:2021 音響―音圧法による騒音源の音響パワーレベル及び音響エネルギーレベルの測定―残響室における精密測定方法

           28
Z 8734 : 2021
                                           附属書B
                                          (参考)
                                  回転拡散翼の設計指針
  次の二つの点で,残響室に回転式の拡散装置を設置することが効果的である。
a) 拡散装置によって,残響室内の平均2乗音圧の空間的なばらつきが小さくなり,音圧レベルの空間平
    均値の測定精度を高める。
b) 拡散装置によって,騒音源が放射する音響パワーを残響室内に一様に分布させることが可能で,騒音
    源の音響パワーの残響室の大きさ及び騒音源の設置位置に対する依存性が小さくなる。
  回転拡散翼の効果は,その寸法に依存する。したがって,装置の寸法は,残響室の大きさが許す限り,
大きい方がよい。拡散翼のパネルは,軽量構造としない方がよい。最低でも,5 kg/m2の面密度が推奨され
る。回転速度としては,8.4.1に規定した要求事項を満たすために,平均音圧を最低10回転にわたって測
定できる程度の速さが必要である。
  大型で重量が大きく,速い速度で回転する拡散翼を設計する際に重要なことは,形状はディスク状,円
すい(錐)又は円筒状とし,重心が拡散翼の中心になるように,面積のバランスをとることである。2.6 rad/s
で回転する直径5 mの二重円すい(錐)形状の拡散板が有効に機能している例がある。拡散翼の面が,残
響室のどの面とも平行にならないことも重要である。

――――― [JIS Z 8734 pdf 31] ―――――

                                                                                            29
                                                                                   Z 8734 : 2021
                                          附属書C
                                          (規定)
                  広帯域音の測定のための残響室の適性試験方法
C.1 一般事項
  残響室の容積が5.2で規定した値より小さい場合,又は残響室の吸音性が5.3で規定した値より高い場合,
広帯域音の測定が表5に示した再現性で行えるかどうかを,この附属書に規定する手順で確認しなければ
ならない。この方法によれば,騒音源と残響音場との結合の程度及び空間·時間平均の効果を調べること
が可能である。各1/3オクターブバンドにおける広帯域音の測定の再現性は,測定値の標準偏差で評価す
る。
C.2 測定装置
  測定機器及びマイクロホントラバース又はマイクロホン配列は,実際の騒音源を対象とした測定の場合
と同じとする。この附属書に規定する試験方法では,JIS Z 8739:2021に規定されている特性をもつ基準音
源を使用する。
  測定機器は,箇条6に示した要求事項に適合したものを用いる。
  マイクロホントラバース又はマイクロホン配列は,8.3に規定した要求事項を満たさなければならない。
C.3 試験の手順
  次に示す条件で,基準音源の位置を6点又はそれ以上とし,音源位置ごとに,残響室内の時間平均音圧
レベルを,1/3オクターブバンドごとに測定する。
a) 基準音源の設置位置は,壁面から1.5 m以上離れた床上とし,マイクロホンとの距離は,8.3に示した
    距離以上とする。音源位置の間隔は,残響室の適性評価を行う最低1/3オクターブバンドの中心周波
    数の音の波長の1/4以上とする。音源の位置は,残響室の中心線上は避け,測定対象騒音源を設置す
    る位置になるべく近い位置とする。
b)   )に規定したそれぞれの位置に基準音源を置き,1/3オクターブバンドの時間平均音圧レベルを測定
    し,小数点以下1桁に丸めた値(dB)を記録する。
c) マイクロホントラバース又はマイクロホン配列,音響拡散装置(使用する場合),測定機器及び測定時
    間は,実際の測定と同じとする。
C.4 計算
  残響室の適性を調べる1/3オクターブバンドごとに,式(C.1)によって標準偏差sSを計算する。
                                          2
                              NS
                                 Lpi Lpm
                         sS                 (C.1)
                              i 1 NS 1
                      ここに,        Lpi :  9.1に規定した時間及び空間平均の方法によって測定し
                                             た1/3オクターブバンドごとの時間平均音圧レベル(dB)
                                      Lpm :  1/3オクターブバンドごとの時間平均音圧レベルの算術
                                             平均値(dB)
                                       NS :  音源位置の数

――――― [JIS Z 8734 pdf 32] ―――――

           30
Z 8734 : 2021
C.5 適性の判断
  C.4で求めた各周波数帯域における標準偏差が,表C.1に示す限度値を超えていなければ,その残響室
は,この規格による広帯域音の測定に適正であると判断される。
                              表C.1−Lpiの標準偏差sSの最大許容値
                    1/3オクターブバンド中心周波数    標準偏差sSの最大許容値
                                Hz                            dB
                              100160                          1.5
                              200630                          1.0
                             8002 500                         0.5
                            3 15010 000                       1.0

――――― [JIS Z 8734 pdf 33] ―――――

                                                                                            31
                                                                                   Z 8734 : 2021
                                          附属書D
                                          (規定)
        離散周波数成分を含む音の測定のための残響室の適性試験方法
D.1 一般事項
  測定対象騒音源の発生音に強い離散周波数成分が含まれている場合,音場の空間分散及び音源と残響室
のモードとの結合による空間及び周波数領域における分散が広帯域音の場合に比べてはるかに大きくなり,
測定上の問題が生じる。必要に応じてこの問題に対処する方法は,8.4.2に示した。それに代わる方法とし
ては,全ての周波数成分に対して箇条10に記載した測定の再現性の条件を満たすように,残響室の設計及
び試験系統を最適化しておくことである。そのような設計の最適化の段階で,音響的性能を定量的に予測
することは不可能であるので,この附属書では,全ての測定装置を組み合わせたときの有効性を調べるた
めの実験的な適性試験の方法を示す。
  低周波数域では,音源によって励起される残響室のモードの数が少なくなることが大きな問題である。
この問題は,残響室の容積を大きくし,残響室の寸法比を最適化し(A.3参照),それぞれのモードについ
て周波数レスポンス(モードの周波数帯域幅)を広くするために,室内に吸音を付加することによって,
改善することが可能である(A.4参照)。低周波数域については,適性の基準(表D.1参照)を満たすため
には,附属書Bで示した大型の回転拡散翼を用いる以外に方法はない。
  高周波数域では,マイクロホン位置の数が制限要素となる。有効な回転拡散翼を用いる場合には,離散
的なマイクロホン配列を用いることができるが,長いマイクロホントラバース経路による連続的な空間平
均の方法を用いることが必要になることもある。その場合,線状のトラバースよりも円状のトラバースの
方が,限られた空間でより長い経路をとることが可能で,自動化しやすい。
                                 表D.1−標準偏差sfの最大許容値
                     1/3オクターブバンド中心周波数 標準偏差sfの最大許容値
                                 Hz                         dB
                              100160                        3.0
                              200315                        2.0
                              400630                        1.5
                              8002 500                      1.0
D.2 適性試験の要点
  この附属書で規定する方法によれば,残響室の特定の位置又は複数の位置に音源を設置し,マイクロホ
ン配列又はトラバース経路を用いて離散周波数成分を含む音の測定を行った場合の不確かさの上限の推定
値を得ることが可能である。対象周波数範囲全体にわたって,標準偏差が表D.1に示す値を超えなければ,
測定装置(残響室,音源の設置位置,測定機器,拡散装置及びマイクロホン配列又はマイクロホントラバ
ース経路)は,強い離散周波数成分を含む音を放射するいかなる騒音源の測定にも用いることが可能であ
る。その場合,8.4.2に規定した追加的な評価は必要ではない。
  この附属書で規定する方法では,純音を用いて最悪の条件を作るので,この方法で得られる標準偏差は,
実際の騒音源を測定する際の再現性に関する標準偏差より大きな値となる。

――――― [JIS Z 8734 pdf 34] ―――――

           32
Z 8734 : 2021
D.3 測定装置及び測定器
  この附属書による残響室の適性試験には,箇条6に規定した測定装置及び測定器に加えて,次のものが
必要である。
a) 密閉箱に入れた直径が200 mm以下のスピーカ
b) 信号発生器,周波数シンセサイザー又は発振器,周波数を測定できる周波数カウンター又は周波数分
    析器,増幅器及び電圧計
  D.4の基準を満たすために,十分に平たんな周波数レスポンスをもつスピーカを選定する。
  信号発生器,周波数シンセサイザー又は発振器は,表D.2に示す周波数及びその許容幅内の正弦波信号
を発生させることが可能で,対象周波数範囲全体にわたって±0.1 Hzの安定性及び全高調波ひずみが0.1 %
以下のものを用いる。
  周波数カウンター又は周波数分析器は,対象周波数範囲全体にわたって±0.05 Hz以内の精度をもつもの
を用いる。
  スピーカを駆動するためのパワーアンプは,スピーカの電気インピーダンスに適合する出力インピーダ
ンスをもち,十分な電力を出力できるものを用いる(D.4参照)。
  電圧計は,スピーカの端子間の電圧を,表D.2に示す試験周波数について,±1.0 %以内の精度で測定で
きるものを用いる。

――――― [JIS Z 8734 pdf 35] ―――――

                                                                                            33
                                                                                   Z 8734 : 2021
   表D.2−強い離散周波数成分の音を放射する騒音源の音響パワーレベル又は音響エネルギーレベルを
                       測定するための残響室の適性試験における試験周波数
                                        1/3オクターブバンド中心周波数
                                                    Hz
             100 125  160 200  250 315  400  500 630  800 1 000 1 250 1 600 2 000 2 500
             −  −   147 −   −  −   361  −  −   −  −   −  1 470 −   −
             −  113  148 −   226 −   364  −  −   −  −  1 130 1 480 −  2 260
             −  114  149 −   228 −   367  −  564  712 −  1 140 1 490 −  2 280
             90  115  150 180  230 285  370  450 570  720 900 1 150 1 5001 800 2 300
             91  116  151 182  232 288  373  455 576  728 910 1 160 1 5101 820 2 320
             92  117  152 184  234 291  376  460 582  736 920 1 170 1 5201 840 2 340
             93  118  153 186  236 294  379  465 588  744 930 1 180 1 5301 860 2 360
             94  119  154 188  238 297  382  470 594  752 940 1 190 1 5401 880 2 380
             95  120  155 190  240 300  385  475 600  760 950 1 200 1 5501 900 2 400
             96  121  156 192  242 303  388  480 606  768 960 1 210 1 5601 920 2 420
             97  122  157 194  244 306  391  485 612  776 970 1 220 1 5701 940 2 440
             98  123  158 196  246 309  394  490 618  784 980 1 230 1 5801 960 2 460
             99  124  159 198  248 312  397  495 624  792 990 1 240 1 5901 980 2 480
             100 125  160 200  250 315  400  500 630  800 1 000 1 250 1 600 2 000 2 500
             101 126  161 202  252 318  403  505 636  808 1 010 1 260 1 6102 020 2 520
             102 127  162 204  254 321  406  510 642  816 1 020 1 270 1 6202 040 2 540
             103 128  163 206  256 324  409  515 648  824 1 030 1 280 1 6302 060 2 560
             104 129  164 208  258 327  412  520 654  832 1 040 1 290 1 6402 080 2 580
             105 130  165 210  260 330  415  525 660  840 1 050 1 300 1 6502 100 2 600
             106 131  166 212  262 333  418  530 666  848 1 060 1 310 1 6602 120 2 620
             107 132  167 214  264 336  421  535 672  856 1 070 1 320 1 6702 140 2 640
             108 133  168 216  266 339  424  540 678  864 1 080 1 330 1 6802 160 2 660
             109 134  169 218  268 342  427  545 684  872 1 090 1 340 1 6902 180 2 680
             110 135  170 220  270 345  430  550 690  880 1 100 1 350 1 7002 200 2 700
             111 136  171 222  272 348  433  555 696  888 1 110 1 360 1 7102 220 2 720
             −  137  172 −   274 −   436  560 702  −  −  1 370 1 720 −  2 740
             −  138  173 −   276 −   439  −  −   −  −  1 380 1 730 −  2 760
    増進
             1    1    1   2    2   3    3   5    6    8   10  10   10  20   20
     Hz
 増進の許容
            ±0.3 ±0.3 ±0.3 ±0.5 ±0.5 ±1 ±1 ±1.5 ±2   ±3 ±3  ±5 ±5  ±5 ±5
 幅Hz
 試験周波数
             22   26  27   22  26   22  27   23   24  23   22  26   27  22   26
 の数Nf
D.4 スピーカの試験
  半無響室の硬い反射性の床上又はJIS Z 8733の要求事項を満たす屋外の静かな場所の反射面の適切な場
所に,スピーカをコーンが上向きになるように置く。残響室における試験で用いるのと同じ製造業者の同
じモデルのマイクロホンを,スピーカの上部で同軸上の高さ10 mm20 mmの位置に,振動膜が水平にな
るように設置する。音響パワーレベル測定で用いるのと同じ指示装置及び周波数分析器(6.1参照)を用い
て,表D.2に示す試験周波数における音圧を0.5 dBごとの値で測定し,記録する。
  このスピーカ試験は,スピーカの周波数レスポンスを調べるために,近距離音場で測定することに注意
する必要がある。これは,寸法が小さいモノポール形の音源では,音源から見た音響アドミタンスの実部

――――― [JIS Z 8734 pdf 36] ―――――

           34
Z 8734 : 2021
が原理的に周波数に依存せず,近距離音場における音圧レベルが周波数に関係なく音響パワーレベルに対
応することに基づいている。
  スピーカは,隣接する周波数の音圧レベルの差が1 dB以内のものを使用する。
D.5 残響室の試験
  スピーカを,そのコーンの面が残響室の最も近い境界面(床も含む。)の方向に向かないように,測定対
象騒音源の設置位置(1点又はそれ以上)に対応する位置(1点又はそれ以上)及び高さ(1点又はそれ以
上)に置く。この測定では,8.3の要求事項を満たす最小6点のマイクロホン位置,又は最低の測定対象
1/3オクターブバンドの中心周波数の音の波長の3倍以上の長さの連続的なマイクロホントラバース経路
を設定する。回転式又は振動式の音響拡散板を用いる場合には,それを動かす。
  表D.2に示す試験周波数について,空間及び時間平均音圧レベルを測定する。スピーカへの入力電圧は,
D.4のスピーカ試験のときと同じとする。
    注記 固定マイクロホン配列を用いる場合には,配列したマイクロホンを順次切り替えて平均音圧レ
          ベルを自動的に求める方法(8.3参照)又は個々のマイクロホン位置のレベルを測定し,それら
          の平均レベルを計算する方法による。
  それぞれの周波数の測定中の変動は,±0.1 Hzを超えてはならない。
D.6 計算の手順
  近接音場におけるスピーカの特性の影響を除去するために,それぞれの周波数について,D.5で得られ
た残響室内の音圧レベルからD.4で得られたスピーカのレベルを差し引いて補正した音圧レベルLpk(kは
試験周波数の番号)を求める。
  1/3オクターブバンドごとに,上記の方法によって補正した室内の音圧レベルの算術平均値Lpmを計算し,
修正した室内の音圧レベルLpkの標準偏差sfを,式(D.1)によって計算する。
                              Nf
                                  Lpk Lpm
                         sf                  (D.1)
                              k 1 Nf 1
                      ここに,       Lpk :  スピーカ音源によるk番目の試験周波数における残響室
                                             内の時間平均音圧レベル(スピーカ応答補正済み)を,
                                             全てのマイクロホン位置(音源位置を複数とした場合に
                                             は,全ての音源位置)について平均した値(dB)
                                      Lpm :  一つの1/3オクターブバンド内の全ての試験周波数につ
                                             いて,Lpkを算術平均した値(dB)
                                       Nf :  一つの1/3オクターブバンド内の試験周波数の数
D.7 適性の評価
  それぞれの1/3オクターブバンドで,計算した標準偏差が表D.1に示す限度を超えていなければ,測定
設備[残響室,1点又はそれ以上の音源位置,測定器,回転式拡散装置(使用する場合),マイクロホン配
列又はマイクロホントラバース経路]は,強い離散周波数成分を含む音を放射する騒音源の音響パワーレ
ベル又は音響エネルギーレベルを測定するのに適していると判断される。最初に設定したマイクロホン位
置の数又はマイクロホントラバース経路で残響室の特性が十分でないと判断された場合には,マイクロホ
ン位置の数を増やす,又はマイクロホントラバース経路を長くするなどの対策を行って測定を繰り返し,

――――― [JIS Z 8734 pdf 37] ―――――

                                                                                            35
                                                                                   Z 8734 : 2021
一つの音源位置で残響室の特性が要求事項を満たすようにする。
  中心周波数が2 500 Hzを超える1/3オクターブバンドについては,適性の試験を行う必要はない。
  長さlの経路の連続的なマイクロホントラバースによる場合には,次に示すf1又はf2のうちの値が大き
い方の周波数未満で,適性の試験を行えばよい。
                            6 000
                         f1
                              l
                             5 000
                         f2   1/3
                             V
                      ここに,         l :  マイクロホントラバース経路の長さ(m)
                                       V :  残響室の容積(m3)
D.8 複数の音源位置
  一つの音源位置で残響室の性能が十分と判断されなかった場合,又は実際の測定で複数の音源位置を設
定する場合には,スピーカ位置の数を増やして,D.7の適性試験を繰り返してもよい。その場合,音圧レ
ベルは,まず音源位置についての平均を計算し[式(15)参照],次にそれぞれのマイクロホン位置又はマイ
クロホントラバースについて平均を計算する[式(16)参照]。その結果として得られる一つの1/3オクター
ブバンドにおける平均音圧レベルを,式(D.1)のLpkに代入する。
  複数の音源位置で残響室の適性試験を行った場合には,測定対象騒音源についても同じ音源位置で測定
を行う。その場合,複数のマイクロホン位置及び音源位置で測定した音圧レベルを平均する。

――――― [JIS Z 8734 pdf 38] ―――――

           36
Z 8734 : 2021
                                          附属書E
                                          (参考)
             100 Hz未満の周波数の測定のための周波数範囲の拡張
E.1  追加する周波数範囲
  この規格による測定は,中心周波数が50 Hz,63 Hz及び80 Hzの1/3オクターブバンドまで拡張しても
よい。この附属書で示す追加的要求事項及び指針に従えば,直接法(9.1.5及び9.2.5参照)及び比較法(9.1.6
及び9.2.6参照)のいずれも適用することが可能である。後者の方法を用いる場合には,基準音源の音響
パワーレベルは,これらの1/3オクターブバンドについても校正しておかなければならない。
E.2  表5(この規格による音響パワーレベル及び音響エネルギーレベルの測定における再現性の標準偏差
σR0の代表的な上限値)の補足
      表E.1−100 Hz未満における音響パワーレベル又は音響エネルギーレベルの再現性の標準偏差
                      1/3オクターブバンド中心周波数  再現性の標準偏差 : σR0
                                  Hz                         dB
                                 5080                        3.9
  容積が200 m3未満の残響室では,再現性の標準偏差は表E.1に示す値よりも更に大きい可能性がある。
E.3  表1(最低対象周波数帯域ごとの残響室の最小容積の推奨値)の補足
  一般に,残響室の容積が大きくなるほど,低周波数における音響パワーレベル又は音響エネルギーレベ
ルの再現性のばらつきは小さくなる。この附属書を適用する場合には,容積は200 m3以上であることを推
奨する。
E.4  表3(時間平均音圧レベル測定のためのマイクロホン位置の最小の数)及び表4(時間平均音圧レベ
ル測定のための音源位置の最小の数及びKSの数値)の補足
  125 Hzに対する数を適用してよい。
E.5  表C.1(Lpiの標準偏差sSの最大許容値)の補足
  附属書Cによる広帯域音の測定に関しては,表E.2を用いて残響室の適性試験を行ってもよい。
                              表E.2−Lpiの標準偏差sSの最大許容値
                      1/3オクターブバンド中心周波数 標準偏差sSの最大許容値
                                  Hz                         dB
                                 5080                        2.0
E.6  表D.1(標準偏差sfの最大許容値)及び表D.2(強い離散周波数成分の音を放射する騒音源の音響パ
ワーレベル又は音響エネルギーレベルを測定するための残響室の適性試験における試験周波数)の補足
  附属書Dによる離散周波数成分を含む音の測定に関しては,表E.3及び表E.4を用いて残響室の適性試

――――― [JIS Z 8734 pdf 39] ―――――

                                                                                            37
                                                                                   Z 8734 : 2021
験を行ってもよい。
                                 表E.3−標準偏差sfの最大許容値
                      1/3オクターブバンド中心周波数 標準偏差sfの最大許容値
                                  Hz                         dB
                                 5080                        3.0
 表E.4−強い離散周波数成分を含む音を放射する騒音源の音響パワーレベル又は音響エネルギーレベルの
                        測定に用いる残響室の適性試験における試験周波数
                                              1/3オクターブバンド中心周波数
                                                          Hz
                                                50        63       80
                                                −        −       −
                                                −        −       −
                                                −       56.4     71.2
                                                45.0     57.0     72.0
                                                45.5     57.6     72.8
                                                46.0     58.2     73.6
                                                46.5     58.8     74.4
                                                47.0     59.4     75.2
                                                47.5     60.0     76.0
                                                48.0     60.6     76.8
                                                48.5     61.2     77.6
                                                49.0     61.8     78.4
                                                49.5     62.4     79.2
                                                50.0     63.0     80.0
                                                50.5     63.6     80.8
                                                51.0     64.2     81.6
                                                51.5     64.8     82.4
                                                52.0     65.4     83.2
                                                52.5     66.0     84.0
                                                53.0     66.6     84.8
                                                53.5     67.2     85.6
                                                54.0     67.8     86.4
                                                54.5     68.4     87.2
                                                55.0     69.0     88.0
                                                55.5     69.6     88.8
                                                56.0     70.2      −
                                                −        −       −
                     増加 : Hz                  0.5      0.6       0.8
                     増加の許容値 : Hz         ±0.2     ±0.2    ±0.3
                     試験周波数の数 : Nf        23        24       23

――――― [JIS Z 8734 pdf 40] ―――――

           38
Z 8734 : 2021
                                          附属書F
                                          (規定)
  1/3オクターブバンドレベルからオクターブバンド音響パワーレベル及び

音響エネルギーレベル,A特性音響パワーレベル及び音響エネルギーレベルを計算する方法

F.1  音響パワーレベル
F.1.1 オクターブバンドレベル
  i番目のオクターブバンドの音響パワーレベルLWi(dB)は,式(F.1)によって計算する。ただし,iは63 Hz
8 000 Hzのオクターブバンド中心周波数を表す18の整数値である。
                                     3i
                                         L /10
                         LWi 10log10 10Wk   (F.1)
                                   ki32
                      ここに,       LWk :  k番目の1/3オクターブバンドの音響パワーレベル(dB)
                                        k :  3i−23iの間の整数で,三つの1/3オクターブバンド(表
                                             F.1参照)をi番目のオクターブバンドにまとめる。
F.1.2 A特性音響パワーレベル
  A特性音響パワーレベルLWA(dB)は,式(F.2)によって計算する。
                                     kmax
                                          ( LWk Ck )/10
                         LWA 10log10  10         (F.2)
                                    kkmin
                      ここに,      LWk :  k番目の1/3オクターブバンドの音響パワーレベル(dB)
                                   k,Ck :  それぞれ,表F.1に示す値
                                kmin,kmax :  それぞれ,測定する1/3オクターブバンドの最低及び最
                                            高のkの値
F.1.3 周波数重み付けなしの音響パワーレベル
  測定周波数範囲全体にわたる周波数重み付けなしの音響パワーレベルLW(dB)は,式(F.3)によって計算
する。
                                    kmax
                                         L /10
                         LW 10log10  10Wk    (F.3)
                                   kkmin
                      ここに,      LWk :  k番目の1/3オクターブバンドの音響パワーレベル(dB)
                                kmin,kmax :  それぞれ,測定する1/3オクターブバンドの最低及び最
                                            高のkの値
F.2  音響エネルギーレベル
F.2.1 オクターブバンドレベル
  i番目のオクターブバンドの音響エネルギーレベルLJi(dB)は,式(F.4)によって計算する。ただし,i
は63 Hz8 000 Hzのオクターブバンド中心周波数を表す18の整数値である。
                                     3i
                                         L /10
                         LJi 10log10  10Jk   (F.4)
                                   k 3i 2
                      ここに,       LJk :  k番目の1/3オクターブバンドの音響エネルギーレベル
                                            (dB)
                                       k :  3i−23iの間の整数で,三つの1/3オクターブバンド(表
                                            F.1参照)を一つのオクターブバンドにまとめる。

――――― [JIS Z 8734 pdf 41] ―――――

                                                                                            39
                                                                                   Z 8734 : 2021
F.2.2 A特性音響エネルギーレベル
  A特性音響エネルギーレベルLJA(dB)は,式(F.5)によって計算する。
                                    kmax
                                          ( LJk Ck )/10
                         LJA 10log10   10        (F.5)
                                    kkmin
                      ここに,       LJk :  k番目の1/3オクターブバンドの音響エネルギーレベル
                                            (dB)
                                   k,Ck :  それぞれ,表F.1に示す値
                                kmin,kmax :  それぞれ,測定する1/3オクターブバンドの最低及び最
                                            高のkの値
F.2.3 周波数重み付けなしの音響エネルギーレベル
  測定周波数範囲全体にわたる周波数重み付けなしの音響エネルギーレベルLJ(dB)は,式(F.6)によって
計算する。
                                    kmax
                                         L /10
                         LJ 10log10  10Jk   (F.6)
                                   kkmin
                      ここに,       LJk :  k番目の1/3オクターブバンドの音響エネルギーレベル
                                            (dB)
                                kmin,kmax :  それぞれ,測定する1/3オクターブバンドの最低及び最
                                            高のkの値
F.3  計算に用いるk及びCkの値
  1/3オクターブバンドのデータに基づく計算に用いるk及びCkの値を,表F.1に示す。

――――― [JIS Z 8734 pdf 42] ―――――

           40
Z 8734 : 2021
                   表F.1−1/3オクターブバンド中心周波数に対するk及びCkの値
                 k             1/3オクターブバンド中心周波数            Ck
                                            Hz                           dB
                 1                        50 a)                        −30.2
                 2                         63 a)                       −26.2
                 3                         80 a)                       −22.5
                 4                         100                         −19.1
                 5                         125                         −16.1
                 6                         160                         −13.4
                 7                         200                         −10.9
                 8                         250                         −8.6
                 9                         315                         −6.6
                 10                        400                         −4.8
                 11                        500                         −3.2
                 12                        630                         −1.9
                 13                        800                         −0.8
                 14                       1 000                         0.0
                 15                       1 250                         0.6
                 16                       1 600                         1.0
                 17                       2 000                         1.2
                 18                       2 500                         1.3
                 19                       3 150                         1.2
                 20                       4 000                         1.0
                 21                       5 000                         0.5
                 22                       6 300                        −0.1
                 23                       8 000                        −1.1
                 24                       10 000                       −2.5
       注a) 三つの1/3オクターブバンド中心周波数に対するCkの値は,附属書Eを適用する場合に用いる。

――――― [JIS Z 8734 pdf 43] ―――――

                                                                                            41
                                                                                   Z 8734 : 2021
                                          附属書G
                                          (参考)
                  測定不確かさに関する情報の開発のための手引
G.1  一般事項
  測定の方法に関する不確かさの表現のフォーマットとしては,ISO/IEC Guide 98-3に示されているもの
が,一般に用いられている。このフォーマットには不確かさの要因のバジェットが含まれており,それを
用いて不確かさの要因の全てを特定して,合成標準不確かさを求めることが可能である。
  機械及び装置類の騒音放射量を測定する場合には,全ての不確かさを,次の二つのグループの不確かさ
の成分に分けるとよい。
a) 測定の方法に起因する不確かさ
b) 機械類の音響放射の不安定性による不確かさ
  現時点における知見に基づいて,この附属書では,ISO/IEC Guide 98-3をこの規格に実際に適用するた
めの付加的な説明及び情報を示す。
  この附属書は,箇条10を補うものである。
G.2  全標準偏差       殕   する考察
  この規格で用いる測定不確かさは,全標準偏差                 接求められる拡張測定不確かさU[式(30)]か
ら算出する。ここで,             ISO/IEC Guide 98-3で定義されているu(LW)の近似である。
  この全標準偏差              性質が全く異なる   刀           湎          分から成る[式(29)参照]。
  これらの量は,統計的に独立であると仮定し,別々に求める。
  機械に特有の標準偏差                 計算によって求めることは不可能で,G.3に示すように繰り返して測定
した結果から算定する。標準偏差    刀               G.4に示す。
  この規格で規定する試験方法の中で,騒音源の作動特性,理論的モデルからのかい(乖)離(直接法)
及び基準音源の校正の誤差(比較法)以外の大きなばらつきの原因としては,音場の不適切なサンプリン
グ及び騒音源から音場への音響的結合の変化(異なる試験室を用いる場合,又は一つの試験室でも異なる
点で測定する場合に起きる。)がある。いずれの試験所でも,次のa)   d)の一つ又はそれ以上の方法をとる
ことによって,測定不確かさを小さくすることが可能である。
a) 騒音源の設置位置を複数にする。
b) マイクロホンの設置位置の数を増やす,又はマイクロホントラバースの経路を長くすることによって,
    音場の空間的サンプリングを向上させる。
c) 残響室のモードの重なりを改善するために,低周波数用の吸音体を付加する。
d) 可動拡散装置を使用する。
  大きな残響室を用いることによって低音域のばらつきを小さくすることが可能であるが,高音域におけ
る音響パワーレベルの測定精度が低下する。逆に,小さな残響室では,高音域のばらつきは小さくなるが,
低音域でばらつきが大きくなる。したがって,精度を高める必要がある場合には,できれば二つの残響室
を使用し,大きい方の残響室で低音域,小さい方の残響室で高音域の測定を行うことが望ましい。

――――― [JIS Z 8734 pdf 44] ―――――

           42
Z 8734 : 2021
G.3           殕 する考察
  10.2に規定した標準偏差             dB)は,式(G.1)によって計算する。
                                    N
                                 1
                          omc         Lpj
                                         , Lpav   (G.1)
                                N-1 j 1
                      ここに,       Lp,j :  指定した位置でj番目の運転及び据付け条件で測定し,
                                            暗騒音の補正をした音圧レベル(dB)
                                     Lpav :  上記のようにして繰り返して求めた全ての音圧レベルの
                                            算術平均値(dB)
  これらの測定は,測定面上の音圧レベルが最大となるマイクロホン位置で行う。測定面全体の測定値を
平均した場合には,式(G.1)のLp,j及びLpavを,それぞれ L,pj 及び Lpav に置き換える。
  一般に,騒音放射の測定の際の据付け及び作動条件は,個々の機械の騒音試験規程に規定されている。
そうでない場合には,これらの条件を正確に決め,試験報告書に記載しなければならない。
  これらの条件の決め方について推奨する事項及び          湧           要性については,次に示すとおりで
ある。
  試験条件としては,測定対象騒音源の通常の使用を前提とし,製造業者及び使用者に推奨される実際の
条件とする。ただし,通常の使用でも,作動の仕方,材料の流れの違いなどによって条件が異なることも
ある。このような不確かさには,長期(例えば,連日にわたる)の運転における作動条件の変化,並びに
据付け及び運転条件を再調整した直後の騒音放射の測定で生じる変動による不確かさも含まれている。
  機械類を,柔らかいスプリングの上又は重いコンクリート床の上に置いた場合,普通は据付けの影響は
現れない。ただし,重いコンクリート床の上に置いたときと実際の据付け条件とでは,測定結果に大きな
違いが生じる可能性がある。補助装置に連結する機械類では,据付け条件による不確かさが最も大きくな
る可能性がある。手持ち形の機械類でも問題がある。このような場合の機械の動き方及び据付け方の違い
によって騒音が変化するときには,それらの条件について検討する。据付け条件がある一定の幅に入って
いる場合には,それぞれの据付け条件のときの音圧レベルの標準偏差から                              能であ
る。据付け条件による影響が分かっている場合には,推奨する据付け条件を騒音試験規程又は製造業者が
推奨する使用方法に記載するのがよい。
  不確かさを表す主要な量である       銀            ,         歛        討は,   刀          譎 の不確
要素に比べてより重要である[式(29)参照]。その理由は,実際に            刀      べてはるかに大きい値と
なるからである。   刀       この規格の表5に示すように,グレード1の精度の測定では0.5 dBである。
                  刀      識   には,高い精度,すなわち,  刀            定方法をとっても,全体としての不確
かさを小さくすることにはならず,経済的にも無駄である。
  表G.1に示す例を見ると,据付け方及び運転方法による不確かさが大きい場合には,精度のグレード1
を実現するために測定精度を上げる努力をしても無駄であることが分かる。
  さらに,この規格の精度のグレードの違いは, 刀                              柿                 刀
合には,全標準偏差         殕    して誤解を生むことにもなりかねない。

――――― [JIS Z 8734 pdf 45] ―――――

次のページ PDF 46

JIS Z 8734:2021の引用国際規格 ISO 一覧

  • ISO 3741:2010(MOD)

JIS Z 8734:2021の国際規格 ICS 分類一覧

JIS Z 8734:2021の関連規格と引用規格一覧

軸関係(スプライン・キー及びセレーション/軸継手/ボールねじ),転がり軸受(基本/軸受),滑り軸受,

歯車・チェーン・ベルト(歯車/ローラチェーン・スプロケット/ベルト車・ベルト),ばね,シール

価格 19,140円(税込)本体価格:17,400円

JIS HB 7 機械要素(ねじを除く) 2021

Amazon詳細ページへ

※最新の情報は詳細ページでご確認ください。

JIS ハンドブックから規格の検索、規格番号や名称が調べて探すことができます。
JIS ハンドブック 一覧 規格 種類別