JISA9526 : 2015 建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォーム

JIS A 9526:2015の規格概要

この規格 A9526は、主として建築現場での断熱施工及び工場で生産する断熱製品に用いる,吹付け硬質ウレタンフォーム原液について規定。

JISA9526 規格全文情報

規格番号
JIS A9526 
規格名称
建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォーム
制定年月日
1989/11/01
最新改正日
2017/12/20
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

91.100.60,91.120.10
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
プラスチックII:2020,建築I-2:2020
改訂:履歴
  • 1989-11-01制定日
  • 1994-02-01改正日
  • 1999-02-20確認日
  • 2006-07-20改正日
  • 2010-10-20改正日
  • 2013-05-20改正日
  • 2015-12-21改正日
  • 2017-12-20改正日

A 9526:2015

目 次

ページ

序文 P.1

1 適用範囲 P.1

2 引用規格 P.1

3 用語及び定義 P.1

4 種類 P.2

5 品質 P.3

6 試験 P.3

6.1 吹付け硬質ウレタンフォーム原液の試験 P.3

6.2 吹付け硬質ウレタンフォームの試験 P.3

7 検査 P.5

8 表示 P.5

9 吹付け硬質ウレタンフォーム原液製造業者からの提供情報 P.6

附属書A(参考)技術上重要な改正に関する新旧対照表 P.7

[ JIS A9526 : 2015.pdf Page : 1 / 14 ]ページ TOPへ

A 9526:2015

まえがき

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,ウレタンフォーム

工業会(JUFA),日本プラスチック工業連盟(JPIF)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標

準原案を具して日本産業規格を改正すべきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業

大臣が改正した日本産業規格である。これによって,JIS A 9526:2013は改正され,この規格に置き換えら

れた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS A9526 : 2015.pdf Page : 2 / 14 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

A 9526:2015

建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォーム

Spray-applied rigid polyurethane foam for thermal insulation

序文

この規格は,1989年に制定され,その後5回の改正を経て今日に至っている。前回の改正は2013年に

行われたが,今回はオゾン破壊係数(ODP)が0,かつ,地球温暖化係数(GWP)が50未満である発泡剤

ハイドロフルオロオレフィン(HFO)1)を使用した処方技術が開発されたことを受けて改正した。この発

泡剤ハイドロフルオロオレフィン(HFO)は,フロン類には該当しない。また,技術上重要な改正に関す

る新旧対照表を,附属書Aに示す。

なお,対応国際規格は現時点で制定されていない。

注1) ハイドロフルオロオレフィン(HFO)とは,HFO-1233zd,HFO-1336mzzなどをいう。

1

適用範囲

この規格は,主として建築現場での断熱施工及び工場で生産する断熱製品に用いる,吹付け硬質ウレタ

ンフォーム原液について規定する。この規格は,実際の施工を想定した一定条件の下で吹付け施工したと

きに得られる吹付け硬質ウレタンフォームの品質を特定することによって,原液の品質を規定する。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS A 1324 建築材料の透湿性測定方法

JIS A 1412-1 熱絶縁材の熱抵抗及び熱伝導率の測定方法−第1部:保護熱板法(GHP法)

JIS A 1412-2 熱絶縁材の熱抵抗及び熱伝導率の測定方法−第2部:熱流計法(HFM法)

JIS A 9511 発泡プラスチック保温材

JIS K 7100 プラスチック−状態調節及び試験のための標準雰囲気

JIS K 7117-1 プラスチック−液状,乳濁状又は分散状の樹脂−ブルックフィールド形回転粘度計によ

る見掛け粘度の測定方法

JIS K 7117-2 プラスチック−液状,乳濁状又は分散状の樹脂−回転粘度計による定せん断速度での粘

度の測定方法

JIS K 7220 硬質発泡プラスチック−圧縮特性の求め方

JIS K 7225 硬質発泡プラスチック−水蒸気透過性の求め方

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

[ JIS A9526 : 2015.pdf Page : 3 / 14 ]ページ TOPへ

2

A 9526:2015

3.1

吹付け硬質ウレタンフォーム

ポリイソシアネート成分及びポリオール成分を主成分として,吹付け発泡した硬質発泡プラスチック。

注記 吹付け硬質ウレタンフォームは,ポリイソシアネート成分及びポリオール成分を吹付け発泡さ

せるとき,液化二酸化炭素などの補助発泡剤を用いることがある。

3.2

フロン類

クロロフルオロカーボン(CFC),ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)及びハイドロフルオロカ

ーボン(HFC)の総称。国内では,現時点でHFCだけが使用できる。

3.3

吹付け硬質ウレタンフォーム原液

ポリイソシアネート成分とポリオール成分との一対からなる原液。

ポリイソシアネート成分は,ポリメチレンポリフェニルポリイソシアネートなどからなる。また,ポリ

オール成分は,ポリオール,発泡剤,難燃剤,整泡剤,触媒,着色剤などからなる。

注記 吹付け硬質ウレタンフォーム原液の原料には,ホルムアルデヒドを用いていない。

3.4

吹付け硬質ウレタンフォーム原液製造業者

ポリイソシアネート成分及びポリオール成分を製造する者。

3.5

吹付け硬質ウレタンフォーム施工業者

吹付け硬質ウレタンフォーム原液を使用して吹付け発泡施工を行う者,又は吹付け硬質ウレタンフォー

ムを製造する者。

3.6

原液使用標準

吹付け硬質ウレタンフォーム原液の温度及び圧力,積層時の吹付け時間間隔などの吹付け条件を含む作

業標準,及び使用上の注意事項などの施工管理上に必要な要件を示したもの。原液使用標準は,吹付け硬

質ウレタンフォーム原液製造業者が吹付け硬質ウレタンフォーム原液製品について個々に定める。

4

種類

吹付け硬質ウレタンフォーム原液の種類は,次の発泡剤,用途及び断熱性の区分の組合せによって表1

のとおりとする。

a) 発泡剤の区分

A種:フロン類を含まないもの。

B種:フロン類を含むもの。

b) 用途による区分

1:非耐力性で壁,屋根裏などの用途に適したもの

2:耐力性で冷蔵倉庫などの用途に適したもの

3:低密度非耐力性で壁などの充塡断熱工法の用途に用いるもの

c) 断熱性による区分

H:高い断熱性をもつもの

[ JIS A9526 : 2015.pdf Page : 4 / 14 ]ページ TOPへ

JIS A 9526:2015の国際規格分類一覧

  • 91.100.60
  • 91.120.10

JIS A 9526:2015の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
A1324
建築材料の透湿性測定方法
A1412-1
熱絶縁材の熱抵抗及び熱伝導率の測定方法-第1部:保護熱板法(GHP法)
A1412-2
熱絶縁材の熱抵抗及び熱伝導率の測定方法-第2部:熱流計法(HFM法)
A9511
発泡プラスチック保温材
K7100
プラスチック-状態調節及び試験のための標準雰囲気
K7117-1
プラスチック-液状,乳濁状又は分散状の樹脂-ブルックフィールド形回転粘度計による見掛け粘度の測定方法
K7117-2
プラスチック-液状,乳濁状又は分散状の樹脂-回転粘度計による定せん断速度での粘度の測定方法
K7220
硬質発泡プラスチック-圧縮特性の求め方
K7225
硬質発泡プラスチック-水蒸気透過性の求め方