JISA9529 : 2020 建築用真空断熱材

JIS A 9529:2020の規格概要

この規格 A9529は、シリカ粒子又はグラスウールを芯材とする,建築物に使用する真空断熱材(VIP)について規定。

JISA9529 規格全文情報

規格番号
JIS A9529 
規格名称
建築用真空断熱材
制定年月日
2020/02/20
最新改正日
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

91.100.60,91.100.99
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 2020-02-20制定日

A 9529:2020

目 次

ページ

1 適用範囲 P.1

2 引用規格 P.1

3 用語及び定義 P.1

4 種類 P.3

5 性能 P.3

5.1 COPの見掛けの熱伝導率及び熱抵抗 P.3

5.2 製品の見掛けの熱伝導率及び熱抵抗 P.4

6 寸法 P.4

6.1 一般 P.4

6.2 幅及び長さ P.4

6.3 厚さ P.4

7 外観・材料 P.5

8 試験方法 P.5

8.1 試験体寸法及び試験体数量 P.5

8.2 見掛けの熱伝導率及び熱抵抗 P.5

8.3 幅及び長さ P.7

8.4 厚さ P.7

8.5 外観 P.8

9 検査 P.8

10 表示 P.8

11 報告書 P.9

附属書A(規定)線熱貫流率 P.10

[ JIS A9529 : 2020.pdf Page : 1 / 14 ]ページ TOPへ

A 9529:2020

まえがき

この規格は,産業標準化法に基づき,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本

産業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS A9529 : 2020.pdf Page : 2 / 14 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

A 9529:2020

建築用真空断熱材

Vacuum insulation panels for buildings

1

適用範囲

この規格は,シリカ粒子又はグラスウールを芯材とする,建築物に使用する真空断熱材(VIP)につい

て規定する。ただし,冷凍倉庫などの特殊な温湿度環境下で使用する真空断熱材,並びに住宅及び建築物

の設備機器,配管などに使用する真空断熱材は除く。

注記 建築物に使用されるVIPには,VIPの縁辺部を折り返していない製品もある。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補も含む)を適用する。

JIS A 0202 断熱用語

JIS A 1412-1 熱絶縁材の熱抵抗及び熱伝導率の測定方法−第1部:保護熱板法(GHP法)

JIS A 1412-2 熱絶縁材の熱抵抗及び熱伝導率の測定方法−第2部:熱流計法(HFM法)

JIS A 1487 真空断熱建材の断熱性試験方法

JIS A 1488 建築用真空断熱材の見掛けの熱伝導率の長期変化試験方法

JIS B 7503 ダイヤルゲージ

JIS B 7507 ノギス

JIS B 7512 鋼製巻尺

JIS B 7516 金属製直尺

JIS Z 8126-1 真空技術−用語−第1部:一般用語

JIS Z 8126-2 真空技術−用語−第2部:真空ポンプ及び関連用語

JIS Z 8126-3 真空技術−用語−第3部:真空計及び関連用語

ISO 10211,Thermal bridges in building construction−Heat flows and surface temperatures−Detailed

calculations

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS A 0202,JIS A 1487及びJIS Z 8126-1〜JIS Z 8126-3による

ほか,次による。

3.1

真空断熱材,VIP(Vacuum Insulation Panel)

図1に示すような,芯材を被覆材で覆い,被覆材に内包される空間(以下,内部という。)を真空領域に

した断熱材。内部に吸着剤を含む場合もある。

[ JIS A9529 : 2020.pdf Page : 3 / 14 ]ページ TOPへ

2

A 9529:2020

注記 JIS A 0202の“高真空断熱材”及びJIS A 1487の“真空断熱材”の定義を変更。

1

芯材

2

被覆材

3

吸着剤

図1−VIPの構成例

3.2

芯材

被覆材に内包されているシリカ粒子又はグラスウール。

3.3

ガス

乾燥空気と水蒸気との混合物。湿り空気ともいう。

3.4

被覆材

VIP内部へのガス透過を抑制するフィルムで,次のレイヤ(層)を持つもの。

− ガス透過を抑制するためのレイヤ(ガスバリア層)

− 熱溶着のためのレイヤ

− ガスバリア層を保護するためのレイヤ(保護層)

3.4.1

アルミニウムはく複合フィルム,AF(aluminium foil laminated film)

ガスバリア層としてアルミニウムはくを用いた被覆材。

3.4.2

蒸着複合フィルム,MF(metallized film)

物理蒸着又は化学蒸着によって形成される金属薄膜をガスバリア層として用いた被覆材。

3.5

吸着剤

物理的又は化学的にガスを吸着する物質。

3.5.1

乾燥剤

水蒸気を吸着する目的で,VIP内部に加えられる吸着剤[例えば,酸化カルシウム(CaO)]。

3.5.2

ゲッター

主に乾燥空気を吸着する目的で,VIP内部に加えられる吸着剤。

3.6

[ JIS A9529 : 2020.pdf Page : 4 / 14 ]ページ TOPへ

JIS A 9529:2020の引用国際規格一覧

  • ISO 10211

JIS A 9529:2020の国際規格分類一覧

  • 91.100.60
  • 91.100.99

JIS A 9529:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
A0202
断熱用語
A1412-1
熱絶縁材の熱抵抗及び熱伝導率の測定方法-第1部:保護熱板法(GHP法)
A1412-2
熱絶縁材の熱抵抗及び熱伝導率の測定方法-第2部:熱流計法(HFM法)
A1487
真空断熱建材の断熱性試験方法
A1488
建築用真空断熱材の見掛けの熱伝導率の長期変化試験方法
B7503
ダイヤルゲージ
B7507
ノギス
B7512
鋼製巻尺
B7516
金属製直尺
Z8126-1
真空技術-用語-第1部:一般用語
Z8126-2
真空技術-用語-第2部:真空ポンプ及び関連用語
Z8126-3
真空技術-用語-第3部:真空計及び関連用語