JISC8369 : 2020 光電式自動点滅器

JIS C 8369:2020の規格概要

この規格 C8369は、屋外の一般場所で単独に使用する、交流単相2線式の定格電圧100 V又は200 Vの一体方式及び分離方式の光電式自動点滅器について規定。ここでいう一般場所には、次の場所を含まない。a)腐食性ガスのある場所b)海岸など塩害のおそれのある場所c)常時高温又は高湿の場所

JISC8369 規格全文情報

規格番号
JIS C8369 
規格名称
光電式自動点滅器
制定年月日
1964/10/01
最新改正日
2020/09/23
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

29.120.40,29.130.20
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1964-10-01制定日
  • 1967-10-01改正日
  • 1970-12-01確認日
  • 1973-12-01確認日
  • 1975-06-01改正日
  • 1978-07-01確認日
  • 1981-02-15改正日
  • 1986-06-01改正日
  • 1988-09-25改正日
  • 1993-12-01確認日
  • 1999-05-20確認日
  • 2005-02-20確認日
  • 2006-03-25改正日
  • 2010-10-01確認日
  • 2012-10-22改正日
  • 2017-10-20確認日
  • 2020-09-23改正日

C 8369:2020

目 次

ページ

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.2 ]

4 種類及び製品の呼び方 [ p.3 ]

4.1 種類 [ p.3 ]

4.2 製品の呼び方 [ p.4 ]

5 性能 [ p.5 ]

5.1 絶縁抵抗 [ p.5 ]

5.2 耐電圧 [ p.5 ]

5.3 点滅動作 [ p.5 ]

5.4 消費電流 [ p.5 ]

5.5 防水性 [ p.5 ]

5.6 点滅持久性 [ p.6 ]

5.7 温度上昇 [ p.6 ]

5.8 遅動性 [ p.6 ]

6 構造及び材料 [ p.6 ]

6.1 構造一般 [ p.6 ]

6.2 材料 [ p.7 ]

6.3 口出線 [ p.8 ]

6.4 PCスイッチの寸法 [ p.8 ]

7 受台 [ p.11 ]

7.1 受台の区分 [ p.11 ]

7.2 受台の構造 [ p.12 ]

7.3 受台の寸法 [ p.12 ]

8 試験 [ p.15 ]

8.1 試験条件 [ p.15 ]

8.2 構造試験 [ p.15 ]

8.3 絶縁抵抗試験 [ p.15 ]

8.4 耐電圧試験 [ p.15 ]

8.5 点滅動作試験 [ p.15 ]

8.6 消費電流試験 [ p.18 ]

8.7 防水試験 [ p.18 ]

8.8 点滅持久性試験 [ p.18 ]

8.9 温度上昇試験 [ p.19 ]

8.10 遅動性試験 [ p.19 ]

[ JIS C8369 : 2020.pdf Page : 1 / 29 ]ページ TOPへ

C 8369:2020 目次

ページ

9 検査 [ p.19 ]

9.1 形式検査 [ p.19 ]

9.2 受渡検査 [ p.19 ]

10 表示 [ p.20 ]

11 使用上及び保守上の注意事項 [ p.20 ]

附属書A(参考)光電式自動点滅器の点検項目及び適正交換時期 [ p.22 ]

附属書B(参考)照明器具に光電式自動点滅器を組み込む場合の設計上の注意点 [ p.24 ]

附属書C(参考)光電式自動点滅器の点滅動作照度の求め方の例 [ p.25 ]

[ JIS C8369 : 2020.pdf Page : 2 / 29 ]ページ TOPへ

C 8369:2020

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第14条第1項の規定に基づき,認定産業標準

作成機関である一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準の案を添えて日本産業規格を改正すべ

きとの申出があり,経済産業大臣が改正した日本産業規格である。これによって,JIS C 8369:2012は改

正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実用新案権に関わる確認に

ついて,責任はもたない。

[ JIS C8369 : 2020.pdf Page : 3 / 29 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

C 8369:2020

光電式自動点滅器

Photoelectric controls for public lighting

1

適用範囲

この規格は,屋外の一般場所で単独に使用する,交流単相2線式の定格電圧100 V又は200 Vの一体方

式及び分離方式の光電式自動点滅器(以下,PCスイッチという。)について規定する。

ここでいう一般場所には,次の場所を含まない。

a) 腐食性ガスのある場所

b) 海岸など塩害のおそれのある場所

c) 常時高温又は高湿の場所

2

引用規格

次に掲げる引用規格は,この規格に引用されることによって,その一部又は全部がこの規格の要求事項

を構成している。これらの引用規格のうち,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その

後の改正版(追補を含む。)は適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む)を

適用する。

JIS B 7507 ノギス

JIS C 0920:2003 電気機械器具の外郭による保護等級(IPコード)

JIS C 1302 絶縁抵抗計

JIS C 1609-1 照度計 第1部:一般計量器

JIS C 3307 600 Vビニル絶縁電線(IV)

JIS C 3317 600 V二種ビニル絶縁電線(HIV)

JIS C 3612 600 V耐燃性ポリエチレン絶縁電線

JIS C 7501 一般照明用白熱電球

JIS C 7527 ハロゲン電球(自動車用を除く)−性能仕様

JIS C 7601 蛍光ランプ(一般照明用)

JIS C 7604 高圧水銀ランプ−性能規定

JIS C 8300:2019 配線器具の安全性

JIS C 8303:2007 配線用差込接続器

JIS C 8306:1996 配線器具の試験方法

JIS C 8330 金属製電線管用の附属品

JIS H 8610 電気亜鉛めっき

[ JIS C8369 : 2020.pdf Page : 4 / 29 ]ページ TOPへ

JIS C 8369:2020の国際規格分類一覧

  • 29.120.40
  • 29.130.20

JIS C 8369:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
B7507
ノギス
C0920:2003
電気機械器具の外郭による保護等級(IPコード)
C1302
絶縁抵抗計
C1609-1
照度計 第1部:一般計量器
C3307
600Vビニル絶縁電線(IV)
C3317
600V二種ビニル絶縁電線(HIV)
C3612
600V耐燃性ポリエチレン絶縁電線
C7501
一般照明用白熱電球
C7527
ハロゲン電球(自動車用を除く)-性能仕様
C7601
蛍光ランプ(一般照明用)
C7604
高圧水銀ランプ-性能規定
C8300:2019
配線器具の安全性
C8303:2007
配線用差込接続器
C8304:2009
屋内用小形スイッチ類
C8306:1996
配線器具の試験方法
C8330
金属製電線管用の附属品
H8610
電気亜鉛めっき
H8625
電気亜鉛めっき及び電気カドミウムめっき上のクロメート皮膜
Z8601
標準数
Z9112
蛍光ランプ・LEDの光源色及び演色性による区分