JIS F 7213:2020 船用16K弁付水面計

JIS F 7213:2020 規格概要

この規格 F7213は、ボイラ以外の船用圧力容器に使用する温度205℃以下の16K弁付水面計について規定。

JISF7213 規格全文情報

規格番号
JIS F7213 
規格名称
船用16K弁付水面計
規格名称英語訳
Shipbuilding -- 16K water gauges with valves
制定年月日
1952年11月27日
最新改正日
2020年9月23日
JIS 閲覧
‐ 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

47.020.30
主務大臣
国土交通
JISハンドブック
‐ 
改訂:履歴
1952-11-27 制定日, 1955-11-27 改正日, 1958-11-10 改正日, 1961-11-01 確認日, 1962-03-01 改正日, 1965-03-01 確認日, 1968-03-01 確認日, 1968-04-01 改正日, 1971-02-01 確認日, 1974-02-01 確認日, 1976-08-01 改正日, 1979-08-01 改正日, 1984-01-01 確認日, 1989-06-15 改正日, 1994-04-01 確認日, 1996-11-08 改正日, 2002-05-07 確認日, 2007-09-18 確認日, 2012-10-31 確認日, 2017-11-20 確認日, 2020-09-23 改正
                                                                                   F 7213 : 2020

pdf 目 次

ページ

  •  1 適用範囲・・・・[1]
  •  2 引用規格・・・・[1]
  •  3 構造,形状及び寸法・・・・[1]
  •  4 材料・・・・[1]
  •  5 検査・・・・[2]
  •  6 製品の呼び方・・・・[2]
  •  7 表示・・・・[2]

――――― (pdf 一覧ページ番号 1) ―――――

F 7213 : 2020

まえがき

  この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第12条第1項の規定に基づき,一般財団法人
日本船舶技術研究協会(JSTRA)から,産業標準原案を添えて日本産業規格を改正すべきとの申出があり,
日本産業標準調査会の審議を経て,国土交通大臣が改正した日本産業規格である。これによって,JIS F
7213:1996は改正され,この規格に置き換えられた。
  この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。
  この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意
を喚起する。国土交通大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実
用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

――――― (pdf 一覧ページ番号 2) ―――――

                                       日本産業規格                             JIS
                                                                              F 7213 : 2020

船用16K弁付水面計

Shipbuilding-16K water gauges with valves

1 適用範囲

  この規格は,ボイラ以外の船用圧力容器に使用する温度205 ℃以下の16K弁付水面計(以下,水面計と
いう。)について規定する。

2 引用規格

  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの
引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。
    JIS B 0205-1 一般用メートルねじ−第1部 : 基準山形
    JIS B 0205-2 一般用メートルねじ−第2部 : 全体系
    JIS B 0205-3 一般用メートルねじ−第3部 : ねじ部品用に選択したサイズ
    JIS B 0205-4 一般用メートルねじ−第4部 : 基準寸法
    JIS B 2240 銅合金製管フランジ
    JIS B 8211 ボイラ−水面計ガラス
    JIS F 7102 船舶機関部管系用ガスケット及びパッキン使用基準
    JIS F 7400 船用弁及びコックの検査通則
    JIS G 3506 硬鋼線材
    JIS G 5501 ねずみ鋳鉄品
    JIS H 3100 銅及び銅合金の板及び条
    JIS H 3250 銅及び銅合金の棒
    JIS H 3260 銅及び銅合金の線
    JIS H 5120 銅及び銅合金鋳物

3 構造,形状及び寸法

  水面計の構造,形状及び寸法は,図1のとおりとし,上部本体及び下部本体の肉厚許容差は,原則とし
て,−10 %+15 %とする。ただし,許容差の計算値が0.5 mm未満の場合は,0.5 mmまで許容する。
  なお,丸形水面計ガラスの寸法は,JIS B 8211の規定による。

4 材料

  水面計の材料は,次のとおりとする。
a) 下部本体,上部本体及び弁棒は,図2のとおりとする。
b) その他部品の材料は,図2によることが望ましい。

――――― [pdf 2] ―――――

F 7213 : 2020

5 検査

  水面計の検査は,次の事項について,JIS F 7400によって実施する。
a) 材料検査
b) 外観検査
c) 寸法検査
d) 組立検査
e) 水圧検査 ただし,次の試験圧力で行う。
  1) 弁箱水圧検査 2.4 MPa
  2) 弁座水漏れ検査 1.76 MPa

6 製品の呼び方

  水面計の呼び方は,規格の名称,船用弁付水面計を示す略号又は規格番号,及び丸形水面計ガラスの長
さによる。
    例1 船用16K弁付水面計250
    例2 JIS F 7213-250
    例3 FWG 16 V 250
                            丸形水面計ガラスの長さを示す。
                            弁付きであることを示す。
                            呼び圧力を示す。
                            船用弁付水面計を示す略号。

7 表示

  上部本体及び下部本体の表面に,次の事項を表示する。
a) 呼び圧力16K
b) 製造業者名又はその略号
c) 製造年又はその略号

――――― [pdf 3] ―――――

                                                                                   F 7213 : 2020
                                                                                 単位 mm
        フランジは,JIS B 2240の規定による。
       ねじは,JIS B 0205-1JIS B 0205-4の規定による。
                                図1−水面計の構造,形状及び寸法

――――― [pdf 4] ―――――

F 7213 : 2020
                                            寸法表
                                                                  単位 mm
                      丸形水面計   保護筒の長さ    取付寸法       参考
                     ガラスの長さ       A             H       計算質量(kg)
                         250           180           295           3.74
                         300           230           345           3.78
                         350           280           395           3.82
                            図1−水面計の構造,形状及び寸法(続き)

――――― [pdf 5] ―――――

                                                                                   F 7213 : 2020
                                 図2−水面計の部品名称及び材質

――――― [pdf 6] ―――――

F 7213 : 2020
          部品番号          部品名称                            材料
             1     下部本体                  JIS H 5120のCAC406
             2     上部本体
             3     パッキン押さえ            JIS H 5120のCAC406又は
             4     パッキン押さえ            JIS H 3250のC 3771 BD
             5     パッキン押さえナット
             6     パッキン押さえナット
             7     パッキン受輪
             8     ハンドル                  JIS G 5501のFC200
             9     プラグ                    JIS H 5120のCAC406又はJIS H 3250のC3771BD
             10    弁棒                      JIS H 3250のC 3771 BD又はC 3771 BE
             11    六角ナット                JIS H 3250のC 3771 BD
             12    六角ナット
             13    十字穴付きなべ小ねじ      JIS H 3260のC 2700 W
             14    ばね座金                  JIS G 3506のSWRH42B
             15    保護筒                    JIS H 3100のC 2600 P
             16    ピン                      JIS H 3260のC 2600 W
             17    割りピン
             18    パッキン                  JIS F 7102の規定による。
             19    パッキン
             20    ガスケット
             21    丸形水面計ガラスa)                            −
          注記 部品名称で太字のものの材料は,箇条4のa)に規定する材料を示す。
          注a)   IS B 8211の規定による。
                             図2−水面計の部品名称及び材質(続き)

JIS F 7213:2020の国際規格 ICS 分類一覧

JIS F 7213:2020の関連規格と引用規格一覧