JISE2002 : 2020 電車線路用金具試験方法

JIS E 2002:2020の規格概要

この規格 E2002は、普通鉄道及び軌道の架空電車線路及びき電線路(架空帰線路を含む。)に使用する電車線路用金具の機械試験、電気試験及び材料試験について規定。

JISE2002 規格全文情報

規格番号
JIS E2002 
規格名称
電車線路用金具試験方法
制定年月日
1970/03/01
最新改正日
2020/11/20
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

国際規格分類

ICS

29.280,45.080
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1970-03-01制定日
  • 1973-03-01確認日
  • 1976-03-01確認日
  • 1977-03-01改正日
  • 1980-02-01確認日
  • 1981-07-01改正日
  • 1987-02-01確認日
  • 1988-03-01改正日
  • 1989-01-01改正日
  • 1994-04-01改正日
  • 2001-03-20改正日
  • 2005-11-20確認日
  • 2010-04-20改正日
  • 2015-10-20確認日
  • 2020-11-20改正日

E 2002:2020

目 次

ページ

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 用語及び定義 [ p.2 ]

4 金具の区分,種類及び記号 [ p.2 ]

5 試験の種類及び測定項目 [ p.2 ]

5.1 試験の種類 [ p.2 ]

5.2 金具の測定項目 [ p.2 ]

6 試験方法 [ p.3 ]

6.1 一般 [ p.3 ]

6.2 機械試験 [ p.6 ]

6.3 電気試験 [ p.8 ]

6.4 材料試験 [ p.10 ]

7 試験結果のまとめ方 [ p.11 ]

7.1 測定値の丸め方 [ p.11 ]

7.2 測定値の単位 [ p.11 ]

7.3 試験成績表の記載項目及び様式 [ p.12 ]

附属書A(規定)引張荷重試験及び圧縮荷重試験 [ p.13 ]

附属書B(規定)ねじり試験 [ p.22 ]

附属書C(規定)滑り試験 [ p.24 ]

附属書D(規定)振動試験 [ p.25 ]

附属書E(規定)繰返し曲げ試験 [ p.26 ]

附属書F(規定)調整トルク試験 [ p.27 ]

附属書G(規定)接続部電気抵抗試験 [ p.28 ]

附属書H(規定)温度上昇試験 [ p.32 ]

附属書I(規定)耐電圧試験及び破壊電圧試験 [ p.34 ]

附属書J(参考)試験成績表 [ p.35 ]

[ JIS E2002 : 2020.pdf Page : 1 / 37 ]ページ TOPへ

E 2002:2020

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人

日本鉄道電気技術協会(JREEA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原案を添えて日

本産業規格を改正すべきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日

本産業規格である。これによって,JIS E 2002:2010は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS E2002 : 2020.pdf Page : 2 / 37 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

E 2002:2020

電車線路用金具試験方法

Electric traction overhead lines-Fittings-Test methods

1

適用範囲

この規格は,普通鉄道及び軌道の架空電車線路及びき電線路(架空帰線路を含む。)に使用する電車線路

用金具(以下,金具という。)の機械試験,電気試験及び材料試験について規定する。この規格を適用する

金具は,次のとおりとする。

a) 電車線路用架線金具(JIS E 2201参照)

b) 電車線路用セクションインシュレータ(JIS E 2219参照)

c) 電車線路用より線スリーブ(JIS E 2220参照)

なお,適用する金具以外の金具についても,同一用途に使用するものについては,この規格を適用可能

である。

2

引用規格

次に掲げる引用規格は,この規格に引用されることによって,その一部又は全部がこの規格の要求事項

を構成している。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS B 4652 手動式トルクツールの要求事項及び試験方法

JIS B 7502 マイクロメータ

JIS B 7503 ダイヤルゲージ

JIS B 7507 ノギス

JIS B 7512 鋼製巻尺

JIS B 7516 金属製直尺

JIS B 7721 引張試験機・圧縮試験機-力計測系の校正方法及び検証方法

JIS C 1102-1 直動式指示電気計器-第1部:定義及び共通する要求事項

JIS C 1102-2 直動式指示電気計器 第2部:電流計及び電圧計に対する要求事項

JIS C 1102-9 直動式指示電気計器 第9部:試験方法

JIS C 1302 絶縁抵抗計

JIS C 1602 熱電対

JIS C 3102 電気用軟銅線

JIS C 3105 硬銅より線

JIS C 3109 硬アルミニウムより線

JIS E 2001 電車線路用語

[ JIS E2002 : 2020.pdf Page : 3 / 37 ]ページ TOPへ

2

E 2002:2020

JIS E 2101 みぞ付き硬銅トロリ線

JIS E 2201 電車線路用架線金具

JIS E 2219 電車線路用セクションインシュレータ

JIS E 2220 電車線路用より線スリーブ

JIS G 0571 ステンレス鋼のしゅう酸エッチング試験方法

JIS G 3537 亜鉛めっき鋼より線

JIS G 4309 ステンレス鋼線

JIS H 0401 溶融亜鉛めっき試験方法

JIS H 0505 非鉄金属材料の体積抵抗率及び導電率測定方法

JIS K 6911 熱硬化性プラスチック一般試験方法

JIS K 8891 メタノール(試薬)

JIS Z 2245 ロックウェル硬さ試験-試験方法

JIS Z 2343-1 非破壊試験-浸透探傷試験-第1部:一般通則:浸透探傷試験方法及び浸透指示模様の

分類

JIS Z 8401 数値の丸め方

JIS Z 8703 試験場所の標準状態

JIS Z 8704 温度測定方法-電気的方法

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS E 2001による。

4

金具の区分,種類及び記号

この規格で規定する金具の区分,種類及び記号は,JIS E 2201,JIS E 2219及びJIS E 2220による。

5

試験の種類及び測定項目

5.1

試験の種類

試験の種類は,機械試験,電気試験及び材料試験とする。

5.2

金具の測定項目

測定項目は,試験の種類によって表1のとおり区分する。

なお,測定項目は,金具の区分(金具の用途,構造,材料など)によって選定する。

[ JIS E2002 : 2020.pdf Page : 4 / 37 ]ページ TOPへ

JIS E 2002:2020の国際規格分類一覧

  • 29.280
  • 45.080

JIS E 2002:2020の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
B4652
手動式トルクツールの要求事項及び試験方法
B7502
マイクロメータ
B7503
ダイヤルゲージ
B7507
ノギス
B7512
鋼製巻尺
B7516
金属製直尺
B7721
引張試験機・圧縮試験機-力計測系の校正方法及び検証方法
C1102-1
直動式指示電気計器-第1部:定義及び共通する要求事項(追補1)
C1102-2
直動式指示電気計器 第2部:電流計及び電圧計に対する要求事項
C1102-9
直動式指示電気計器 第9部:試験方法
C1302
絶縁抵抗計
C1602
熱電対
C3102
電気用軟銅線
C3105
硬銅より線
C3109
硬アルミニウムより線
E2001
電車線路用語
E2101
みぞ付き硬銅トロリ線
E2201
電車線路用架線金具
E2219
電車線路用セクションインシュレータ
E2220
電車線路用より線スリーブ
G0571
ステンレス鋼のしゅう酸エッチング試験方法
G3537
亜鉛めっき鋼より線
G4309
ステンレス鋼線
H0401
溶融亜鉛めっき試験方法
H0505
非鉄金属材料の体積抵抗率及び導電率測定方法
K6911
熱硬化性プラスチック一般試験方法(追補1)
K8891
メタノール(試薬)
Z2245
ロックウェル硬さ試験-試験方法
Z2343-1
非破壊試験-浸透探傷試験-第1部:一般通則:浸透探傷試験方法及び浸透指示模様の分類
Z8401
数値の丸め方
Z8703
試験場所の標準状態
Z8704
温度測定方法-電気的方法