JISK8180 : 2021 塩酸(試薬)

JIS K 8180:2021の規格概要

この規格 K8180は、試薬として用いる塩酸について規定。

JISK8180 規格全文情報

規格番号
JIS K8180 
規格名称
塩酸(試薬)
制定年月日
1951/11/28
最新改正日
2021/02/22
JIS 閲覧
 
対応国際規格

ISO

ISO 6353-2:1983(MOD)
国際規格分類

ICS

71.040.30
主務大臣
経済産業
JISハンドブック
改訂:履歴
  • 1951-11-28制定日
  • 1954-11-27改正日
  • 1957-10-30改正日
  • 1961-03-01改正日
  • 1964-03-01確認日
  • 1967-03-01確認日
  • 1970-12-01確認日
  • 1972-07-01改正日
  • 1975-08-01確認日
  • 1978-08-01確認日
  • 1984-02-01確認日
  • 1988-03-01改正日
  • 1994-07-01改正日
  • 2002-09-20確認日
  • 2006-04-20改正日
  • 2010-10-01確認日
  • 2015-03-20改正日
  • 2019-10-21確認日
  • 2021-02-22改正日

K 8180:2021

目 次

ページ

序文 [ p.1 ]

1 適用範囲 [ p.1 ]

2 引用規格 [ p.1 ]

3 種類 [ p.2 ]

4 性質 [ p.2 ]

4.1 性状 [ p.2 ]

4.2 定性方法 [ p.2 ]

5 品質 [ p.3 ]

6 試験方法 [ p.4 ]

6.1 一般事項 [ p.4 ]

6.2 濃度(HCl) [ p.4 ]

6.3 外観 [ p.5 ]

6.4 蒸発残分 [ p.5 ]

6.5 強熱残分(硫酸塩) [ p.5 ]

6.6 硫酸塩(SO4) [ p.6 ]

6.7 遊離塩素 [ p.7 ]

6.8 よう素還元性物質 [ p.7 ]

6.9 銅(Cu),鉛(Pb)及び鉄(Fe) [ p.8 ]

6.10 ひ素(As) [ p.9 ]

6.11 アンモニウム(NH4) [ p.11 ]

6.12 ナトリウム(Na),銅(Cu),銀(Ag),マグネシウム(Mg),カルシウム(Ca),亜鉛(Zn),カド

ミウム(Cd),アルミニウム(Al),すず(Sn),鉛(Pb),バナジウム(V),ひ素(As),アンチモン(Sb),

ビスマス(Bi),クロム(Cr),モリブデン(Mo),タングステン(W),セレン(Se),マンガン(Mn),

鉄(Fe),コバルト(Co),ニッケル(Ni),ガリウム(Ga),イットリウム(Y),インジウム(In)及び

タリウム(Tl) [ p.12 ]

6.13 水銀(Hg) [ p.15 ]

7 容器 [ p.16 ]

8 表示 [ p.16 ]

附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表 [ p.18 ]

[ JIS K8180 : 2021.pdf Page : 1 / 23 ]ページ TOPへ

K 8180:2021

まえがき

この規格は,産業標準化法第16条において準用する同法第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人

日本試薬協会(JRA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,産業標準原案を添えて日本産業規格を

改正すべきとの申出があり,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本産業規格で

ある。これによって,JIS K 8180:2015は改正され,この規格に置き換えられた。

なお,令和3年8月21日までの間は,産業標準化法第30条第1項等の関係条項の規定に基づくJISマ

ーク表示認証において,JIS K 8180:2015を適用してもよい。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

[ JIS K8180 : 2021.pdf Page : 2 / 23 ]ページ TOPへ

日本産業規格 JIS

K 8180:2021

塩酸(試薬)

Hydrochloric acid (Reagent) HCl FW:36.46

序文

この規格は,1983年に第1版として発行されたISO 6353-2を基とし,技術的内容を変更して作成した

日本産業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,附属書JAに示す。

1

適用範囲

この規格は,試薬として用いる塩酸について規定する。

警告1 塩酸は,劇物のため,目,粘膜及び皮膚に付着しないようにする。また,有害なガスを発生

するため,排気に注意する。

警告2 この規格に基づいて試験を行う者は,通常の実験室での作業に精通していることを前提とす

る。この規格は,その使用に関連して起こる全ての安全上の問題を取り扱おうとするもので

はない。この規格の利用者は,安全データシート(SDS)などを参考にして各自の責任にお

いて安全及び健康に対する適切な措置をとらなければならない。

注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 6353-2:1983,Reagents for chemical analysis−Part 2: Specifications−First series R 13

Hydrochloric acid(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”

ことを示す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS K 0050 化学分析方法通則

JIS K 0071-1 化学製品の色試験方法−第1部:ハーゼン単位色数(白金−コバルトスケール)

JIS K 0113 電位差・電流・電量・カールフィッシャー滴定方法通則

JIS K 0115 吸光光度分析通則

JIS K 0121 原子吸光分析通則

JIS K 0133 高周波プラズマ質量分析通則

JIS K 0970 ピストン式ピペット

JIS K 8001 試薬試験方法通則

[ JIS K8180 : 2021.pdf Page : 3 / 23 ]ページ TOPへ

2

K 8180:2021

JIS K 8012 亜鉛(試薬)

JIS K 8034 アセトン(試薬)

JIS K 8051 3-メチル-1-ブタノール(試薬)

JIS K 8102 エタノール(95)(試薬)

JIS K 8107 エチレンジアミン四酢酸二水素二ナトリウム二水和物(試薬)

JIS K 8136 塩化すず(II)二水和物(試薬)

JIS K 8150 塩化ナトリウム(試薬)

JIS K 8155 塩化バリウム二水和物(試薬)

JIS K 8355 酢酸(試薬)

JIS K 8374 酢酸鉛(II)三水和物(試薬)

JIS K 8541 硝酸(試薬)

JIS K 8576 水酸化ナトリウム(試薬)

JIS K 8580 すず(試薬)

JIS K 8625 炭酸ナトリウム(試薬)

JIS K 8637 チオ硫酸ナトリウム五水和物(試薬)

JIS K 8659 でんぷん(溶性)(試薬)

JIS K 8732 二硫化炭素(試薬)

JIS K 8777 ピリジン(試薬)

JIS K 8798 フェノール(試薬)

JIS K 8842 ブロモチモールブルー(試薬)

JIS K 8913 よう化カリウム(試薬)

JIS K 8920 よう素(試薬)

JIS K 8951 硫酸(試薬)

JIS K 9512 N,N-ジエチルジチオカルバミド酸銀(試薬)

JIS K 9905 高純度試薬−硫酸

JIS R 1302 化学分析用磁器蒸発ざら

JIS R 3503 化学分析用ガラス器具

JIS Z 0701 包装用シリカゲル乾燥剤

3

種類

種類は,特級,ひ素分析用及び微量金属分析用とする。

4

性質

4.1

性状

塩酸は,無色透明の液体で,刺激臭があり,空気中で発煙する。密度は,約1.18 g/mLである。

4.2

定性方法

定性方法は,次による。

a) 試料1 mLに水10 mL及び硝酸銀溶液(20 g/L)2 mLを加えると,白い沈殿が生じる。

b) 試料にアンモニア水で潤したガラス棒を近づけると,白煙が生じる。

[ JIS K8180 : 2021.pdf Page : 4 / 23 ]ページ TOPへ

JIS K 8180:2021の対応国際規格一覧

  • ISO 6353-2:1983(MOD)

JIS K 8180:2021の国際規格分類一覧

  • 71.040.30

JIS K 8180:2021の関連規格と引用規格一覧

規格番号
規格名称
K0050
化学分析方法通則
K0071-1
化学製品の色試験方法−第1部:ハーゼン単位色数(白金−コバルトスケール)
K0113
電位差・電流・電量・カールフィッシャー滴定方法通則
K0115
吸光光度分析通則
K0121
原子吸光分析通則
K0133
高周波プラズマ質量分析通則
K0970
ピストン式ピペット
K8001
試薬試験方法通則
K8012
亜鉛(試薬)
K8034
アセトン(試薬)
K8051
3−メチル−1−ブタノール(試薬)
K8102
エタノール(95)(試薬)
K8107
エチレンジアミン四酢酸二水素二ナトリウム二水和物(試薬)
K8136
塩化すず(II)二水和物(試薬)
K8150
塩化ナトリウム(試薬)
K8155
塩化バリウム二水和物(試薬)
K8355
酢酸(試薬)
K8374
酢酸鉛(II)三水和物(試薬)
K8541
硝酸(試薬)
K8576
水酸化ナトリウム(試薬)
K8580
すず(試薬)
K8625
炭酸ナトリウム(試薬)
K8637
チオ硫酸ナトリウム五水和物(試薬)
K8659
でんぷん(溶性)(試薬)
K8732
二硫化炭素(試薬)
K8777
ピリジン(試薬)
K8798
フェノール(試薬)
K8842
ブロモチモールブルー(試薬)
K8913
よう化カリウム(試薬)
K8920
よう素(試薬)
K8951
硫酸(試薬)
K9512
N,N−ジエチルジチオカルバミド酸銀(試薬)
K9905
高純度試薬−硫酸
R1302
化学分析用磁器蒸発ざら(追補1)
R3503
化学分析用ガラス器具(追補1)
Z0701
包装用シリカゲル乾燥剤